2008年08月12日

五輪の見方

 テレビもニュースも五輪一色なこの頃ですね。あまり見る気が無いんですけど、けどやっぱり何となく見てしまう…というより、テレビを点けてしまうという感じでしょうか。野球やサッカー、バレーなんかはともかく、普段はテレビ中継でお目にかかれないような競技を見るのは意外に楽しかったりします。

 しかし例えば本日、水泳の北島康介が金メダルを取りまして、実際に中継を見ていたときは非常に感動しましたが、以降ニュースで一日中この試合を繰り返し繰り返し放送して「感動の金メダル物語」に仕上げていく過程を見るのはあまり好きではありません。折角リアルタイムで感動したのに、時が経つに連れて大袈裟で陳腐な脚色で装飾されていくのは残念ですね。ま、五輪に関しては常に国を背負う姿勢っていうのがクローズアップされますのでそれも良いのかなと思う一面もありますが、普段のサッカーやバレーの国際試合なんかでもこういう傾向にありますからねえ。そこら辺が現在の日本でのスポーツ中継の衰退に繋がっているのかなという気もします。

 夜中に何気なーくテレビを点けておいて、ふと普段お目にかかれない競技での良い試合なんかを見ることが出来るというのが個人的な五輪の醍醐味ですが、現在のテレビ業界に於けるスポーツ中継不振を見直すきっかけにでもなってくれると尚嬉しいですね…って、まあ、不振だからこそ「テレビ局」による過剰な脚色が更に行われるんでしょうけど(笑)

 勝手に英雄やヒロインを決めて、勝手に「負けられない試合」に位置付けて、それに沿って大袈裟なアナウンサーや何のためにそこにいるのかわからないタレントが勝手に騒ぐような中継を聞かされるより、淡々と実況&解説が、山場になったら声を張り上げてくれるくらいの中継の方が「スポーツ」と直に向き合えるので楽しいんですよ。
posted by talk at 03:04| Comment(3) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全く同感です。
スポーツはマスコミの点数稼ぎの玩具にあらず。
タレントの無意味な騒ぎ声を聞いていると不快極まりないですわ。
Posted by シエル at 2008年08月12日 20:55
開会式の中継はなんだかんだで見ていた私、だがメインである各種スポーツの中継を見る気があるかというと私も全くない訳でして。
中国人選手が負けた時に対戦相手の他国の選手にどんなことしやがるかが気になるという嫌な理由でニュースをたまに見ますが(爆)

そういえば開会式の花火の映像はCGだったそうですね。花火が打ち上げられた中をヘリが飛ぶのは危険だし映像がきちんと撮れるかどうか怪しいからそうしたというのも理解は出来るけどねぇ・・・。まぁ認めている分だけ幾分マシですかねぇ?
Posted by 光軍人 at 2008年08月14日 01:05
>光軍人様
>中国人選手が負けた時に対戦相手の他国の選手にどんなことしやがるかが気になる

 オグシオが中国チームに負けた試合では、スマッシュ時の応援歓声が「シャー!」だったとかで今ちょっと話題になってますね。中国語訳すると「殺せ!」だそうで、流石のオグシオも「怖かった」と漏らしたそうです。ま、それを負けたことの言い訳にして良いかというわけではないんですけど、今回の中国国民の鬼気迫る応援振りを象徴する出来事なんだろうなあと(笑)

 それはそうと花火に口パクにと早速面白い話が出てますね。こんなのは実害がないので序の口でしょう。(※もっとも、アメリカ国民が殺害されてましたが)そのうちもっとスゴイのが出て来ますよ。多分閉会後にぞろぞろと。

>シエル様

 今は丁度夏の甲子園の時期でもありますが、淡々としている分日テレの巨人戦なんかより余程面白く観ることが出来ることもあります。後、最近は副音声で球場マイク音声のみっていうのもありますね。解説や中継は必要ですが、「雑音」は不必要だと私は思います。
Posted by talk(管理人) at 2008年08月14日 03:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]