2009年03月25日

WBC、日本優勝

 今日はやっぱりこの話題でしょう。ということでWBCの日本優勝、おめでとうございます。

 WBCをサッカーW杯のような位置付けにしたい、という大元の目標からすれば、前回・今回との大会で「やっぱ野球が盛んな国が強い」ということが証明されたと思います。後は世界各国が「じゃあウチもWBCで優勝したいから野球を活性化させよう!」と思ってくれるように、野球の強い国が引っ張って行く必要があると思うんですよね。W杯だって一年や二年の浅い歴史で今のような権威が確立されたわけではありませんから、野球とそれに携わる人々が志を持ってそこに向かって行くことが大事なんだと思います。

 その為にはやはり傍目にも皆が納得できる大会である必要があると思うのですが、その点今回のように日韓戦が5回も行われたというのはかなり疑問符がありますかね。折角のワールドワイドな野球大会なのに優勝国の日本は四カ国としか戦ってない(※韓国紙に突っ込まれてましたか)、しかもそのうちの二つとは複数回対戦しているという結果が残ったわけで、まだまだ改善の余地があるはず。折しも甲子園では全国高校野球が開催されていますし、W杯では総当たりの地区予選→勝ち抜きの本戦というシステムもありますしね。

 しかしプロ野球の視聴率低下が長らく言われておりますが、今回のWBCの盛り上がりを見ると決して「野球」というスポーツそのものが見放されているわけではないようです。国を背負う大会だからこそ盛り上がったという大きな要素もあるんでしょうけど、その辺りも踏まえてNPBも色々と反省したり学ぶべき事もあると思います。

 折角野球の世界大会で連覇出来たわけですから、試合以外の分野でも「流石野球世界一の国、日本だ」と思われるようになりたいですよね。
posted by talk at 02:20| Comment(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
WBCという大会、16ヶ国中、盛り上がってる国なんざ日本、韓国、キューバくらいしかいないんですよ。
国を背負って闘う!という気持ちで燃える国なんかこれくらいです。
アメリカなんか、選手もファンの気持ちは全部スプリングキャンプに行ってましたし。
選手も故障を恐れて、好守備なんかまったく無し。
優勝して賞金をとっても、一人当たり10万ドルくらい。決して小さな額じゃないんですが、メジャーリーガーからみればね… 本気出さないわけです。

日韓戦… ファンの間では「もういいよw」とか言ってるけど、何度もやるとはいえ、視聴率は保証される試合なんですよ。
因縁もありますし、国のためにって気持ちで闘う唯一の国同士ですから。
むしろ、視聴率が保証されるマッチアップでそれくらいしかいないような。
これは全部MLBのシナリオ通り。
日韓なかったら、どう盛り上げるつもりだったんだ、MLBと聞きたくなるくらいです。

野球の世界化とはいえ、結局はMLBの金稼ぎ。
MLBがもっと負けて、広い視線を持たないと、大会の権威は生まれないと思います。

長文、失礼しました。
Posted by スカロケイ at 2009年04月06日 15:20
>スカロケイ様

 先日くらいに阪神フロントがペナント優勝チームが戦うアジアカップとは別の、日韓カップ的な試合を提案してましたね。それがすぐに実現されるかどうかはわかりませんが、今回のWBC日韓戦の盛り上がりに目を付けたということなんでしょうか。興行的なこともあるでしょうし、両方のプロ野球選手の移籍やFA人材の発掘なんてのもあるんでしょう。当然それら以外の思惑もあるとは思いますが(笑)

 WBCの存続自体は仰るようなMLBの思惑も大きくありますが、混交玉石でこういう意見が出始めているのもWBCを通した効果なんでしょうね。しかし主催国とも言えるアメリカも今回かなりなんだかなあな感じでしたねー。マッチングにしてもそうですし、正直実力的にもな感じ。何年後かには主催が変わったりとかの推移があるんでしょうか。ま、そこまで続くのかも問題ですけどねー。
Posted by talk(管理人) at 2009年04月06日 18:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]