2010年05月23日

PSP版burst記08

 エルディア国際学校の校長である孔が殺害され、真弥子の近辺に今まで以上のキナ臭さが漂い始めるまりな編の12月6日。この日の夜、謎の人物からの呼び出しを受けて夜の学校で対決という、今まで見えなかったまりなの「敵」が判明する流れになります。原作ではここでシリアと対決することになるのですが、PSP版ではこのシーンが大幅変更。まりなの「敵」として夜の学校に現れた人物とは…!

 ま、大方の予想通りだったのであんまり驚きもしなかったんですけど(笑)

100523.jpg

 ネタバレ注意!苦手な御方は注意してお読み下さい。


【12月6日 まりな編】

・殺害された孔について本部長と会話。孔の本名変更。孔雲樵(こううんしょう)。

 孔の名前がストールマン=孔から孔雲樵に名前が変更されています。これだけだと単なる名前の変更だけなんですけども実は原作で名前だけ出てきた孔の父親・ドールマン=孔の設定が無くなり、科学者としてC計画にも携わっていた父親の設定をPSP版では孔本人が担うことになっているわけです(※判明するのは後日のハッキングシーンにて)。

 原作のストールマン=孔はエルディアの民主化活動に賛同するインテリ階級の良識家という設定。プリシアが政変の混乱から逃亡した際も彼を頼りにしていた記述が多く見受けられ、仮に殺害されていなければエルディアの民主化と日本の橋渡役を請け負ったであろうことが予想されるくらいの人物でした。また、父親が思想も何もなくただ科学的欲求のために自白剤やC計画の開発に携わっていたことをむしろ憎んでいたフシもあり、C計画を頓挫させるために実の父親をも殺害したという、実際にゲーム内で展開されないエルディア政変の暗闘部分を物語る上で非常に重要な要素でもありました。

 が、PSP版ではこの辺りがばっさりカット。いわゆる穏健派プリシア派の急先鋒であり、同時にC計画を大きく後退させた張本人ということで旧情報部から目の仇にされていたわけですが、どうもこのまま行くと彼の殺害理由がただの口封じか仲間割れかというくらいに落ち着きそうでかなり残念な設定変更でもあります。

・校長殺害事件に関して雪乃との会話。まりなが去った後に雪乃の黒さを匂わすセリフ描写あり。

 同日の小次郎編ではバーでの雪乃との会話で彼女の不審さに小次郎がすぐに気付くという描写が入りますが、まりな編ではまりな自身がそれに気付くという描写は一切無く、まりなが去った後の意味深な独り言等で雪乃の不審さを匂わせるといった感じで挿入されていきます。この警戒感の無さが夜の対決シーンに繋がるという事を鑑みると、やはりまりなの緊張感の無さと護衛任務の不手際が目立ってくるんですよね。冷静さと豊かな感情を併せ持つ特A級エージェントというよりは、やや直情傾向にある女刑事というくらいの設定がちょうど良い感じのPSP版まりなでした。

・真弥子とのお弁当シーンは屋上から中庭に変更。食事CGの時期も孔殺害後の学校に変更。前日の言い争いに関してはここで仲直り。

 簡単に書くと、

<原作>12/4 屋上でのお弁当シーン→夜の学校でシリアと対決→孔が殺害
<PSP> 12/5 孔が殺害→ 12/6 中庭でお弁当→夜の学校で対決

 と時間軸が変更されているわけですが、校長が殺害されてピリピリムードの学校の中庭でのほほんとお弁当を食べるというのもどうだろう?という印象があり、もっと言えば真弥子の通う校長が殺害されているという、明らかに真弥子の近辺に危険…と間では言えなくても、明らかな変化が出てきているというのに、周囲から丸見えの中庭で無防備にお弁当を食べるのは護衛という観点からどうだろう??となっちゃいますね。

 勿論原作のように屋上で食べたとしても高層建築やヘリからの狙撃の可能性を完全に排除出来たわけでもないですし、周囲から丸見えの状態の方がかえって護衛アクションを起こしやすいとか、周囲の目があるから襲いにくいだろうとかという利点もあるだろうとは思いますが、多分PSP版のまりなはそういうことには一切考えが及ばずに単純に中庭でご飯食べたかったんだろうなあとなっちゃうくらいのダメダメ捜査官っぷりが既に定着してしまったのが悲しいところ。せめて終盤で挽回の機会に恵まれることを祈るばかりですよ。およよ。

・外国人学校の無期限休校に伴い、出来るだけ真弥子に日常生活を送らせてやりたいという御堂の意図を続行する理由がなくなったためまりなの真弥子護衛任務を御堂が打ち切ろうとする。しかしまりなが真弥子の意図を汲んで反論して半ば強引に護衛任務を続行。襲撃犯を捕まえないと真弥子の日常は脅かされるままでしょうという論法で御堂を納得させる。

 これは原作には無いやり取りになりますね。原作では孔殺害後、御堂は真弥子へのより一層の護衛をまりなに頼む流れになり、その危険の中で真弥子が何故護衛されるのかを今一度分かって貰うために御堂が真弥子をぶつ…というあのシーンに繋がるわけです。

 これがPSP版では変更。この後の襲撃事件を経て真弥子の王位継承問題が明るみに出たことで決定的に打ち切られる流れは同じになりますが、この辺の変更でやはり御堂というキャラから受ける印象が大きく変わってきていますね。私の中ではロス=御堂というキャラは芯のあるカッコイイ悪役というイメージがあり、勿論作品を通じてコイツは黒幕だぞーと匂わす描写に満ちあふれているわけですが、それでも単純に御堂を「悪いヤツだ」と切り捨てられない信念とか意思が感じられるキャラでしたが、先の孔と同じように、PSP版ではこの辺の脇キャラのバックボーン設定がかなり削られているのが大きな変更点でもあります。

 多分孔、御堂、ディーブ辺りは単純な悪役といったポジションで終始しちゃうと思いますし、アクアもいきなり死亡してますし、プリシアもワガママ王女になったりと、原作に比べるとエルディア関係者は残念な変更が為されたなという印象ですね。

・図書館に居ると弥生から携帯電話。校長の孔について弥生から質問。まりなは校長と顔を合わせていない。弥生は校長を騙る偽物に騙された云々。

 原作に於けるハッキング後の桂木探偵事務所での会話シーンで判明する一部はここで判明します。細かい変更点ですが、後日の弥生のポジションに影響があるかも。

・マンションに戻ると携帯電話に非通知の通話が入る。ボイスチェンジャーで正体は不明。夜の学校のプールに呼び出される。

 原作では謎の人物からのFAXでしたが時代を考慮して携帯への非通知コ−ルに変更されてます。実はこのことで、原作の「FAXを見た真弥子が不安になって自発的にまりなの後を追いかける」という流れが消滅してしまい、まりなが「敵」と対決している夜の学校に真弥子が現れるというシーンの経緯が変更されてしまうわけですが、これがまたトンチンカンな内容に…

・夜の学校プール内に女装した男の死体がぷかり。真弥子襲撃時に囮になった女装男。何らかの仲間割れで殺された?

 夜の学校で「敵」に呼び出されてのシーンになりますが、PSP版ではプールに呼び出され、そこで死体を発見するところからシーンが開始。あくまでシリアと対峙するに終始した原作と違っていきなり死体が出てきたりこの後学校が放火されて全焼してしまったりと、かなり派手なシーンになっているのがPSP版の特徴です。

・まりなを騙った人物からの携帯呼び出しに騙されて真弥子が呼び出されてしまい、黒い影に取り押さえられる。

・その真弥子の目の前で二人の工作員らしき人物が争う。一人はシリアで、一人は雪乃。真弥子を呼び出したのは雪乃の方で、この後謎の人物に殺害されてしまう。シリアは逃走して小次郎の事務所へ。


 まりなを呼び出し、またまりなを騙って真弥子を呼び出した「敵」は、何と親身になってまりなに接してくれた校医の松苑雪乃でした。何故彼女が…?という流れなんですが、前フリがバレバレなので意外性や驚きはほとんど無くなってしまいましたね。ここで雪乃が明らかな「敵」としてのポジションで描かれていますので、彼女と対立しているシリアへの印象が変わっているのも特徴。原作ではシリアが連続殺人犯のテラーか?みたいな推測まで立つシーンになるのですが、ここでは何やら向こうは向こうで対立してるんじゃね?という感じになっています。

 そういや「テラー」っていう言葉がここまで一切出て来ていない気がするのですが、まさか…

 ちなみに上でも書きましたが、原作では謎の人物からのFAXを見た真弥子がまりなを心配して…という流れだったのですが、PSP版では携帯への非通知コールになってしまいましたのでこれが変更。まりなを騙った雪乃が真弥子の携帯にコールして彼女を呼び出すという経緯に変更されています。「雪乃がまりなを騙った」という点で既に「声で気付かんか?」というつっこみポイントなんでしょうけど、それよりも真弥子を呼び出した内容が「お腹が減ったので学校におにぎりを持ってきて欲しい」という、裸の大将を彷彿とさせる内容の前にかき消されてしまってます。「まりなが食いしん坊に見えたから」という雪乃のセリフもあり、多分この辺でギャグ要素を盛り込んで来たんだと思いますが、いや、そもそも面白くない上に折角のこのシーンで挿入するというセンスがちょっと理解不能。おかげでこのシーンの緊迫感は完全に消滅しちゃってます。ま、確かに危険な場面でも軽口を叩ける余裕的なものを描ける箇所でもあるとは思うのですが、しかしそのやり取りに真弥子を参加させちゃうのはアウトでしょうね。

 こういう辺りの文章というのはやはり原作の方が遙かに上手でして、リメイクの賛否云々以前の残念ポイントとして最初から最後まで付き纏って来ます。これがじわじわとボディに効いてくるのがやはりキツイですね。
 
・雪乃を殺害した謎の人物について。突然会話ウィンドウ(会話している人物を表示する箇所)が「???」となるシーンに切り替わり、謎の人物視点での描写が数回挿入されて雪乃死亡。

 状況的にはおそらく源三郎なんでしょうけど、確定するような描写は今のところありませんので恐らくは現三郎編待ち。しかし流石にいきなり視点変更(※しかも結構あっさりしてて気付きにくい)されると「ん???」となるのは避けられずシーン的にはちょい微妙。恐らく源三郎編で同シーンを描くことになるでしょうから、後を追い掛けてきたまりながやって来た時には雪乃は既に殺されていた…というので特に問題は無いと思いますので、わざわざここで謎の人物視点で、そいつが雪乃を殺害したんだよというシーンを描写する意図は図りかねます。

 このテのゲームで一人称視点を変えるというのはそのキャラの性格や口調が変わるということですので、文章そのものががらっと変わるということでもあり、またゲームだからこそ許容される手法でもあるので「これ!」という意図が薄い状態で使っちゃうと一気に安っぽさが出ちゃうと思うんですよね。しかもEVEでは作品の大きなウリとして小次郎編・まりな編とサイトチェンジしながら事件を追っていくという手法を取っているのに、いきなりまりな編の最中に他の人物視点での文章を挿入されると「あれ?これってまりな編じゃないの?」と当然なると思うのですが、何かしら意図があるんでしょうかね。

・エルディア国際学校、プール横にあるボイラー室からの放火のよる出火で全焼。焼け跡から男女二名の死体が発見される。既に殺害された女装男と、雪乃の二人。

 というわけで証拠隠滅の為に学校は全焼。原作と違ってかなり派手なシーンになった感じです。また、ここで学校が無くなることで小次郎編に於ける氷室の方にも多少の影響が出るという仕組みにはなっていますので、PSP版ならではの展開という感じでしょうか。就学先を失った学生さんは気の毒ですが。

・夜、真弥子を元気づけるまりな。私に関わった人はみんな不幸になっちゃう。私居ない方がいいのかな的な言葉を溢す真弥子。また、この時にニュースで孔殺人の容疑者として二階堂が指名手配されているのを確認。

 学校が全焼したりの怒濤の一日はここで終了。原作ではシリアとの対決の後に孔が殺害されますので、ますますシリア=テラーが殺害か?という疑いが強くなるわけですが、PSP版では時間軸が変更されていますのでこの辺の印象も変更。この時点ではシリアと雪乃の関係性についての疑問が生じる流れでしょうね。お互い似たようなポジションながらどうやら思惑の違いからか対立しているようでもあった二人。二人は同じものを追っているのか、それとも別のものを追っているのか。一連の襲撃事件に関係していたのはどちらなのか。雪乃が殺されたのは何故なのか、また誰が殺したのか。

 原作ではこの辺の疑惑を、この時点ではシリアが一点に引き受けており、そのシリアこそが暗躍するテラーではないかという疑問が生じ始めます。同時に「テラー」という名前にまりなも随分振り回され、まんまと情報部の思惑にはまってしまっている局面でもあるわけですが、PSP版では何とその「テラー」という存在自体が今のところ登場しておりませんので、連続する事件の輪郭も今のところぼやけているままという印象はありますね。そのぼんやりした中から何を手がかりにしてまりな達は真相に辿り着こうとするのか。今後の展開に注目していきたいポイントです。
posted by talk at 18:58| Comment(4) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おにぎり糞ワロタww

真弥子天然だなぁ的な笑いでも取ろうとしたんですかね?
全く意味が分からない
Posted by 吹かざるを得ない at 2010年05月30日 02:46
 おにぎりの件は、本来緊迫感のあるシーンで唐突に始まりますので、シーンの緊迫感が台無しになっちゃいますし、そもそもそのおにぎり云々も文章的に全然面白くないのが致命傷ですね。これが狙った笑いだとしたら見事に外してますので、それはそれで余計寒いという結果に。真弥子ェ…
Posted by talk(管理人) at 2010年06月01日 15:14
クリアするまで見ないようにしていたので(笑)ちょっと遅いコメントになってしまいましたが。。

シリアVS雪乃の後の突然謎の視点切替、私、ロストワンのSNAKE編を思い出して吹いてしまいました(笑)

アレ、勝手に真弥子(前国王)視点なのだと早合点して、「こんなんしたら真弥子がテラーって判っちゃうじゃん!」と一人やきもきしてましたが、言われてみれば源三郎かもしれないですね!
結局、本編クリアしてもあの視点切替は謎なままでしたが‥。

おにぎりのくだりはちょっとナイですよね‥違う意味で笑うしかなかったです(TーT)
Posted by ユウカ at 2010年06月11日 09:51
>ユウカ様

 クリアお疲れ様で御座いました!私は(主にモチベが理由で)今暫くかかりそうなので、もう少しゆったりとレビューを続けて参りたいと思います。

>然謎の視点切替、私、ロストワンのSNAKE編を思い出して吹いてしまいました(笑)

 私も思い出しましたねー。突然「???」となるあのぽか〜ん感。懐かしいです(笑)。EVEでこの手法は成功した例が無いと言うことを、PSP版のライターさんはわかっていらっしゃらないみたいで残念です。ロストをきっちり復習していれば避けられたかもしれないのに…

>おにぎりのくだり

 ナイですよね、やっぱり。
Posted by talk(管理人) at 2010年06月12日 02:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]