2012年01月25日

『真かまいたちの夜 11人目の訪問者』

 本日はPS3『真かまいたちの夜 11人目の訪問者』についての感想をば。

120125.jpg

公式サイト:http://shinkama.chunsoft.jp/

 初代からのファンにとっては楽しみでもあり不安でもある『かまいたちの夜』シリーズの新作。一作目は家庭用ゲーム機にサウンドノベルというジャンルを確立させるまでの人気を博した同作ですが、二,三作目と続くに連れて評価が下がっていったという、ある意味では典型的な経緯を辿ってきた作品でもあります。その一番の原因は何と言っても一作目の出来があまりに素晴らしかったということ。しかもその作品がそれまでになかったジャンルを確立するほどのエポックメイキング的なインパクトにも恵まれていたことという少々不幸な要因もありますが、そういう懐古主義的なメガネを取っ払ったとしても今作の問題点は少なからず挙げることが出来てしまいますね。

 まず一番に感じたのは全体的なテンポの悪さ。それを最も助長させたのが声優起用によるボイス演出でしょう。読み物系作品での声優起用はかなり賛否が分かれるところではあると思うのですが、少なくとも「かまいたち」シリーズのサウンドノベル作品に於いてはプラス面よりもマイナス面の方が目立った仕様かと思います。文章を読み進めていく中で強制的に声優さんがサウンドノベルの文章を読み上げるシーンに突入する本作の仕様は、ゲームとは言え「小説を読む」という、元来は自分ペースで行われる作業と行為が作り手のペースで進められてしまうという弊害しかありません。じゃあ、全部の文章がボイスで読み上げられるのかというとそうではなく、ストーリーの重要な部分とか分岐の起点となるようなシーンで突然声優起用が始まりますので、作り手が「ここだよ!ここ!」と主張するかのような印象があんまり好きにはなれなかったんですよねえ。最低でもオン・オフの切り替えが出来ればかなり違ってきたとは思うのですが。

 そして最も気になったのが文章の魅力の無さ。メインシナリオとなる「ミステリー編」の謎解きに関してはさほど難解というほどではなく、殺人事件が起きるストーリーとしても緊迫感と恐怖感はイマイチ。それに真犯人の動機と事件に至った経緯もあまり納得のいくものではありませんでした。比べてしまうといけないというのは分かってはいるのですが、やはり一作目の秀逸な出来と比べると相当見劣りしているのは否めませんね。また、「かまいたち」シリーズお馴染みの「○○編」と銘打つ各シナリオ分岐ですが、複数の作家陣を起用したがばっかりに根底の統一感に欠け、一つ一つがとても薄っぺらく感じてしまったのがとても残念でした。各々文章の中で笑わせようとするツボなんかもバラバラで、シナリオによっては狙ったとされる文章が見事に空回りし続けるというかなり苦痛なモノも存在しており、ボタン連打でメッセージスキップをして、速く終わらせて次の要素を出してしまえ…という感想を抱いたのも少なくはありませんでした。

 決して文章そのもののクオリティが低いとは思いませんでしたが、根底に据えている登場人物や作品そのものの魅力と言ったものがシナリオによって余りにもバラバラで、二、三人の作家陣が各々複数のシナリオを担当するというくらいが良かったのではないかと思います。他にも「かまいたち」シリーズファンであればお馴染みのクリア後要素である「ピンクのしおり」が有料ダウンロードコンテンツであったりとか、しかもその出来がまたお粗末だったりとか指摘したい箇所はまだまだ存在しております。そもそも、今回の内容のどのあたりが「かまいたちの夜」なのかというすごーく根本的な部分も伝わってきません。一作目は姿の見えない殺人犯によるバラバラ殺人事件を鎌鼬の伝承になぞらえていたわけですが、今作はそのあたりが全く以て不明なまま。一作目のオマージュ的な要素は色々と見受けることは出来るのですが、誤解を恐れずに言えばそれらは表面的なキーワードだけを採用しているだけのような感じで、今回の作家陣が本当に全員一作目をきっちりプレイしているのだろうか…という懸念を感じずにはいられません。「真」と銘打つタイトルとしてかなり期待していただけに、非常に残念な作品となってしまいました。

 ユーザーの皆様の感想はかなり厳しい様子で、私としてもこのブログで取り上げたゲームとしてはかなりの酷評という感じではありましたが、色々な感想と共に「サウンドノベル」というジャンルの面白さと共にある難しさを凄く感じさせる作品であったような気もします。「サウンドノベル」とは「プレイする、遊ぶ」ゲームであり、「読む」小説でもあり…その中で問われるイメージの助長と表現。それらが演出なのか目的なのかも問われている、非常にハイクオリティなものを要求されるジャンルだからこそ、良作に巡り会えたときの喜びも格別ですからねー。色々難癖はつけてはいますが、ファンとしてはやはり次回作や『428』のような別系統の新作も期待しちゃいますので、次は是非良い作品をリリースしてくれることを願ってやみません。
この記事へのコメント
428は自分の中でサウンドノベルの集大成のように感じました。当たり外れの大きいジャンルですよね。(数えるほどしか大作はないですが)

ちなみに自分はPSVitaと一緒に真・かまいたちを買おうと思っていましたが、モンハン3Gにはまって物欲がなくなり買わずにすみ救われました(笑)
Posted by akira at 2012年01月26日 00:03
>akira様

 『428』は仰るとおりサウンドノベル作品の集大成というべき完成度の高さとおもしろさでしたね。しかしこの前身とも言える『街』の方は近年になってようやく名作として評されるようになっていますが、当時は実写と言うだけでかなり食わず嫌いで敬遠されていた作品でもありました。評価する側もその都度姿勢が変わるのでなかなか難しいですね、この辺って。

 そんなわけでこれまでの作品をプレイされている御方にはあまりオススメ出来ない一面も確かにありますので、とりあえずは買わずにいて良かったかもしれません(笑)。中古で値段がお手頃になったときにはオススメ出来ますけど。ちなみにVitaでもモンハンが出るとかなんとかって未確認なウワサもここ近日で出てきましたねー。どうなるのかしらん。
Posted by talk(管理人) at 2012年01月31日 01:32
街も名作と言われてますね。
子供の頃にやって、あまり覚えてませんが大人になった今やったら感想は違うのかと思い買おうかと迷ってます。

評価といえば、初代(サターン版)EVEbursterrorはファミ通で超低い点数でした(しかもロストは高得点、1stより初代の方が低い)・・・電撃PSでは評価が高かったのでそれ以来レビューは電撃の雑誌を参考にすることにし
た過去があります。
Posted by akira at 2012年02月01日 13:35
>akira様

 大丈夫!ファミ通のレビューだよ!ってやつですからねー(笑)

 EVEはパっと見はただのエロゲー移植のギャルゲーですが、プレイ時間と回数を重ねるたびに良さが出てくるスルメゲーでもありますので、短時間のプレイではなかなか良さが伝わらないのも仕方ないです。そのくせその超低い評価を下したburstがPS2でリメイクされたら、今回は「あの名作のリメイク」って点で高い評価をしてますからねー。ファミ通レビューの嫌われる点ですわい。

 『街』は今プレイすれば多少の粗さのようなモノは感じますが、それまでのヒット昨の影響で「サウンドノベル=ミステリー、ホラー」で凝り固まっていたジャンルに読み物作品としての楽しさを持ち込んでくれた点も凄く面白くて評価の高いポイントですね。時が経って再プレイすると色々な良さが見えてきますのでオススメですね。
Posted by talk(管理人) at 2012年02月02日 02:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]