2006年10月06日

アナゴさん



http://swfblog.blog46.fc2.com/blog-entry-684.html

 腹抱えて笑いました。

 アナゴくんが若本になってから数々の伝説を残しているみたいで、日曜の夕方が侮れなくなってしまいましたですよ。
posted by talk at 00:00| Comment(11) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
会社で部長とみてわろた
というか「なんで?絵がサザエさんなん?」
ってさ
若本しらん人間にはそんくらい違和感あるんやろなぁ
Posted by k-ro at 2006年10月06日 02:09
生まれた愛と友情の行方がスゲー気になる次回予告だ(笑)
ってか、この予告(音声の方)はどの作品から引っ張って来たんだろう?元ネタが気になる。
Posted by 光軍人 at 2006年10月06日 20:20
おもいっきし吹かせていただきましたよ♪

つか元ネタが果てしなく気になりますw
Posted by ぽ〜る at 2006年10月06日 21:06
あははははは!だ、だめだ。これ反則〜。
破壊破壊って、磯野家に恨みでも?(笑)
おっかしぃ〜。
Posted by 飛世やしろ at 2006年10月06日 22:49
 私もこれの元ネタがすんごい気になります。妙に疾走感のあるBGと共に若本が破壊破壊と連呼してますからね。何のアニメでしょう?

>若本しらん人間にはそんくらい違和感あるんやろなぁ

 ま、普通の人は名前を聞いたところで「誰?」ってとこでしょう。逆に知ってる人からすればあの若本元帥がアナゴさんの声してるというのが既に伝説の一部。「ドキッ!若本だらけの運動会」も最早伝説。

>破壊破壊って、磯野家に恨みでも?(笑)

 何かよくは分かりませんが、画像を見る限りでは仕事に嫌気が差したアナゴくんが夜中に愚痴りに来たって感じですね。後、ソバを打つだけじゃなくて暖簾を用意したりと凝り性な一面も窺えます。

 「光の中に溶け込むしか無いのか」の所でソバこねる絵が来るのが笑えます。
Posted by talk(管理人) at 2006年10月07日 02:38
 先週、ドロクの新番組の特番があったのですが、画面から確かに若本の声が聞こえたので視聴を決定しました。
 最後の最後まで公式に名前が入らなくて、今日、確認したら、やっぱり若本でしたわ。

鳥居耀蔵……若本規夫

 妖怪といわれた男・鳥居耀蔵に若本なんてキャスティングうまいなあ。
 鳥居耀蔵、実在の人物だけど、案外、ラスボスなんじゃねぇの、と、思わせる何かが若本にはあります。
 磯野家を破壊しても、不思議でないなにかが若本アナゴにはあります(笑)。
Posted by リオハ at 2006年10月08日 22:26
>リオハ様

 血たすの後に始まったこの新番組は結構見ようかなーという気になってたのですが、土曜は一日中外に出てた挙げ句、予約し忘れたのでちょろっと寂しかったです。そんな時に「妖怪」こと鳥居甲斐守が若本という話を聞いた日にゃあ、次回こそ是非予約して見なければ!という気になりますね。しかも主役はおっさんで声は藤原啓治ですかー。見ないと!

 若本アナゴと言えば、マスオさんが酒で酔いつぶれて帰りが遅くなったからサザエに怒られたんだよーという愚痴をこぼした後で、アナゴさんが「なぁるほどぉ、奥方に、ぁ頭が上がらないのかぁ」と言った時、飲んでた茶を噴いたことがあります。狙ったセリフよりも何気ない普通のセリフで爆笑出来る声優なんぞ、多分若本くらいでしょう。
Posted by talk(管理人) at 2006年10月09日 01:17
これ今週の予告かと思って久々に6時半から7時までびっちりサザエさんをみてまったよ。
ちなみに来週のサザエさんは「酒と波平」のコーナーがあるそうです。タイトルだけでなんかグッときたぞ
Posted by k-ro at 2006年10月10日 19:16
初めまして。Mixi経由で拝見して以来ちょくちょく覗かせていただいております。

見た瞬間大受けしてしまい思わず調べてしまいました。

それによると、これは「スクライド」というアニメの予告が元ネタで、該当は第13話「ロストグラウンド」だそうです。Wikiによると予告ナレーションを若本大先生が担当されているようです。

それにしても上手く編集しているかと・・・
Posted by あかつき at 2006年10月11日 12:48
>あかつき様

 初めまして、そしてようこそいらっしゃいました。この愛と欲望と独断と偏見のサイトへ。

 なるほどー、元ネタは『スクライド』だったんですねえ。あの疾走感のあるサウンドにもこれで合点が行きました。調べてくださってどうも有り難う御座いますー。

 コレの編集具合は笑えますよね。なんかほのぼのにこにこしてるのにナレーションでは破壊破壊と連呼するアナゴくんがイヤ過ぎ(笑)
Posted by talk(管理人) at 2006年10月12日 03:02
スクライドか〜これ。
大使様がナレーターしてた作品として、スクライドを真っ先に思い出したんだけど、違うかな〜と思ってたら合ってたんですね。
スクライドにはマザコン剣士様の中の人も、保護した少女を会う人会う人に「子供?」と聞かれるジャーナリストの中の人も、ある時は父親が市長のツンデレお嬢様、ある時はマザコン剣士様に全てを捧げた女性の中の人も出てましたねぇ。
スクライドのコミック版は大分アニメと内容が違ってて面白かったな。
でも、スクライドのすごい所はストレイト・クーガーの生き様と大使様のナレーションです。
Posted by 光軍人 at 2006年10月12日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]