2013年06月14日

009 RE:CYBOG

 劇場版を凄く見たかったのですが、香川では上映されてなかったのでレンタル開始までずっと待ってた作品の一つ、サイボーグ009の劇場版をようやく見ることが出来ました。

130614.jpg
【公式】http://009.ph9.jp/

 つーか、この作品を見た感想を書いてる時点で年代的にはおっさん確定というところなんですが、私世代だと小さい頃に見てて記憶と印象に残っているアニメの一つなわけですよ。しかし石ノ森章太郎節全開のこの作品は、まあ内容が複雑過ぎて、実のところ今になってマンガ版や旧アニメ版を見返してみても内容を理解するのが非常に難解なのが特徴。東西冷戦ありきの世界観を背景にして「戦うこと」の意義を問い、人としての在り方を問い、最後は絶筆に終わりましたが、人としての本質を問われながら神と戦うというとてつもない展開に突入しちゃうような作品だったりします。

 この2012年版劇場版は、そんな大人向け昭和アニメの金字塔に『攻殻機動隊SAC』の神山健治監督が満を持して挑んだという触れ込みの意欲作。音楽は川井憲次という、これまたパトレイバーが攻殻かという重鎮を起用しておりまして、内容はやっぱり攻殻ちっくな作品を009キャストでお送りしましたよ的なモノになっていました。でもやはりそれが賛否両論別れる所以のようで、まあ個人的には良さも残念さも両方分かるような気がします。009じゃないぞと言われればまさにその通りですし、現在の世界情勢を背景に新しく009を作り上げたのは本当に凄いとも思いますしねー。ラストのオチも他の作品ならつっこみを入れたくなるような箇所ではあるのですが、このテイストこそ劇場版009にのみ許されたものであることも、実はおっさんは知っていたりするのでこれはこれで「らしいなあ〜」と素直に感心しちゃいました。

 しかしそういう感傷的であったり小難しい話は抜きにして、最新3Dアニメで繰り広げられるアクションシーンの凄さと格好良さは本当に素晴らしく、もうそれでじゅうぶん満足出来た気もします。当時の男の子ならばきっと「加速装置!」と叫んで島村ジョーごっこをしたことが一度はあるはず……そんな少年の心を、おっさんが取り戻すことが出来たのであります。もうそれでおなかいっぱい。げっぷが出るくらい満足だぜ。

 そして009と言えば年季の入った腐の方であれば誰もが知ってるあの有名どころのテイストも、この劇場版ではじゅうぶんに満たされていることも確認出来ました。宮野と小野Dだろ?良いじゃない……!でもハインリヒが今回はちょっと脇だったのが個人的には残念でしたけどね。後、フランソワーズがエロかわいかったのも大満足でした。でも私の知ってるジョーはもうちょっとDT臭がヒドかったような気がしましたが、何せ劇場版から二十数年ぶり、新アニメ版からでも十数年ぶりなんですから、そりゃガマン出来ないのも当然でしょう。うんうん……というひどいオチで締めますが、個人的には素直に面白かったです。

 流石に原作未見の方に遍くオススメ出来るほどの万人受け作品というわけにはいきませんが、これほどの有名どころだと名前や概要くらいは知っていてもアニメ本編や原作は見ていないという御方も多いと思いますので、巨匠・石ノ森章太郎のライフワーク的作品となった名作に改めて触れてみる一つのきっかけにいかがでしょう。さあ、みんなでレッツ加速装置!
この記事へのコメント
うん。公式で初のラブシーン。
びっくりフランソワーズが黒のガーターとか・・・

個人的には002が毎回まっぱ前提であの飛行シーン
に至らないのか?と疑問が・・・てか、あのイケメン
っぷりはすごかった。改造って意味では一番のサイボーグ
かもしれない。

全員ユニフォームが似合わな過ぎて残念でした。
もうそこはあんだけ人物変えたんだからX-MENのウルヴァリンレベルで変えてほしかった。

006が知り合いに激似で笑いをこらえるのがきつかったです。しんどかった。

総合的には公式ラブシーンに満足でした♡(あるようで全然なかったので。劇場版の前作だってなかったもん!)


Posted by にゃんんぞー at 2013年06月14日 08:04
>にゃんぞー様

 あのラブシーンは衝撃的でしたね。なんというか惹かれ合う二人が肌を重ねて……なんて趣じゃなくて、ハリウッドよろしくのガツガツのラブシーンというか(笑)。お、おれの知ってるジョーとフランソワーズはそんなことしねえ!的なものは確かにあるのですが、でも大変良かったです(笑)。黒ガーターもエロいし、フランソワーズのおしりがまたエロい。それをさわさわするジョーの手がエロい。

 そして扉の向こうで空気読んで黙って座ってるジェロニモさんマジ大人。

>ジェットさん

 最初見た時は「なにこのI・KE・ME・N!?」的な衝撃を受けました。ジェットさんマジイケメン。スーツ姿がマジイケメン。青島ブルゾンの着こなしがマジイケメン。煙草吸う姿がマジイケメン。でもマッハ5のスピードで空中をマッパで飛行するあたりが残念なイケメン。なんじゃこりゃ?アイアンマンか?ってな感じでしたが、やはりあの時のジェットさんのち●こがどうなってるかはネタ的には鉄板のようです。そりゃそうだべ。

>全員ユニフォームが似合わな過ぎて残念でした

 まあ、あれこそが「サイボーグ009である」とする視覚的メッセージですからねえ。もっと格好良いキャラデザ案もあったのかもしれませんが、あの辺は監督のこだわり的なものも感じます。個人的にはジョーが黄色いマフラーをばさーっと着るシーンは結構鳥肌モノでしたけど。

>私的には

 グレートブリテン(007)が激シブオジサマになってたのが衝撃でした。これまではコミカルな役所だったのに、なんだこの渋いオジサマは……でも長年の「007」繋がりパロが実って、晴れてMI6に就職出来たのは本望だったのかしらん。
Posted by talk(管理人) at 2013年06月15日 03:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]