2016年01月20日

『EVE burst error R』4月28日に発売!

 前の記事で紹介した『EVE burst error R』が4月28日に発売決定したそうです。amazonでも予約受付が開始されてますね。

160120.jpg

・公式サイトも開設されています。http://eve.el-dia.net/teaser_bgm.html
・『春が大好きっ』様のページより。http://harusuki.net/article/172321030.html

 仕様としてはPS2版『PLUS』基準でCGはサターン版の描き直し+新規CG追加という感じらしいです。声の方もPS2版『PLUS』収録時のデータを使用するそうなのでまりなは三石琴乃、真弥子は堀江由衣、源三郎は大塚明夫になっています。弥生役の本多智恵子、本部長役の野沢那智は既にお亡くなりになっていますが、収録時はまだご存命でしたので変更は無い模様。また、音楽は当時のMIDI音源を解析し高クオリティで再現とのことです。

 内容が『PLUS』基準になってますので、例えば伝説の氷室との入浴シーンなんかは変更になっていると思いますので、その辺りは新規CG追加の第一候補という感じでしょうか。既にご存知のファンの皆様は保存版として、またはこれから名作『EVE』に触れてみたいという御方も是非!続報が出次第またこちらでも紹介したいと思います。

 もしかしたら続編のロストとかZEROなんかもこんな風にリファインされるかもしれませんね。ゆ、夢見るくらいは良いじゃない!

 あ、ちなみに、2016年も宜しくお願い致します!今更なのでこそっと新年のご挨拶を(笑)
posted by talk at 20:36| Comment(6) | EVE&剣乃・菅野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PS2をこれだけのために購入するのか?私!?
ロストは突っ込み10が5位の修正を!イチャイチャの追加を!

おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
Posted by にゃんぞー at 2016年01月21日 05:12
>にゃんぞー様

 一応PC版もリリースされますのでPSVitaを本体ごと購入しなくても遊べますよー。ちなみに私はVitaTVっていう9,000円くらいの、TVに接続するVita本体を持ってます。携帯機から「携帯」の部分をそぎ落とすという漢気溢れるヤツなんですが、どうせ携帯機の方を買ったとしても外で遊ぶことなんてまずないですし、自室の大型TVに接続した方が色々楽しいのでこっちも安価なのでオススメ。

>イチャイチャの追加を!

 勿論これでもかというくらい杏子と雄二のイチャコラを追加して欲しいわけですが、もし万が一ロストがリメイクされるような事態が訪れるとしたら、もう思い切って18禁にしても良いんじゃないかなあと思う今日この頃。でも雄二君は現役高校生なので児ポ禁止にばっちり引っかかりますけどね!

 女の方はちゃんと成人してるのに男の方が未成年ていうのは…その、何というか、素晴らしいというか…
Posted by talk(管理人) at 2016年01月22日 00:11
ロストワンを今回のようにリメイクした場合はSSかPCの方の音声を使い回すことになるんだろうな。
そうなるとまりなは岩男潤子さんになるってことか〜。
18禁化は無理でも15歳以上なら何とかなるとは思うが。
そういえば三石さんが一番最初にまりなをやったのってロストワンのドラマCD版でしたっけ。

私もVitaを何気に持ってるが、ソフトは今のところFate/stay nightとFate/hollow ataraxiaの2つだけなんでEVEはVita版を買う予定、YU-NOもVita版で。
PS4持ってないからさ・・・。
店舗別の購入特典があるならばPC版にする可能性もあるが、そこら辺はどうなんだろう?

最後に公式サイトを見て、思ったことを色々と。
いや、ここで氷室の(推定)年齢は公開しないでよ、私らみたいに知ってる人間はいいけど、新規のユーザーもいるかもしれないんだからばらしちゃダメでしょw
弥生の年齢は小次郎の2つ上にして欲しかったわ。
そして願わくば、本部長の年齢はまりなの1.5倍とかいうネタにして、小次郎もまりなも年齢不詳のままにして欲しかった。
あとパッケージでしか小次郎の目が見えるイラストはないのか、そうなんだ。
うえださんが前の芸名というか漢字表記のままなんですね。
そうなるとスタッフクレジットも菅野ひろゆきでなく剣乃ゆきひろ名義になるのかな?
Posted by 光軍人 at 2016年01月28日 21:55
>光軍人様
>公式サイトについて

 設定年齢に関してはこれまでの作品でも統一されてないですからある程度は仕方ないですかね。説明書では「20代後半」とかの表記の場合が多かったりますが、設定資料集になるとズバリ「26歳」と表記してるものもあったりしてますし。burstはこれまでリメイクや機種違いの作品で結構何作品も出てますので、その分こういうズレもそれなりに存在してるのが特徴と言えば特徴ですからねー。

 それでもやっぱり氷室は推定でも30歳扱いなんですねえ…流石レジェンド。

>音楽

 PCのMIDI音源を尊重してるということなんですけどそれだけにちと曲的に「軽い」気がしないでもないです。個人的にはいっそフルアレンジ再録くらいはしてくれても良かったのにと思うのですが、音楽担当の方も亡くなられましたからねえ…
Posted by talk(管理人) at 2016年01月31日 01:36
そ、そうか…まやこちゃんも違うんだ
そっちの方がよりショックですわ…堀江さんは好きだけど

BGMに限っていえばユーノのリメイクに期待してて、ヨナオさんと高見さんが担当されてるんですよ!
イブもオファーして欲しかったです(T-T)


リメイク方法が足して二で割れば丁度良いのにと思って仕方ないです
Posted by みかど at 2016年01月31日 17:06
>みかど様

 PS2版発売当時、岡本麻弥は渡米中とかで活動休止してた時期だったように記憶してます。今は普通に洋画の吹き替えとかに出てますから時期が悪かったというか何というか。や、勿論堀江由衣も良いんですけど。

 『YU-NO』リメイクはかなり気合入ったリメイク作品みたいですね。内容は極力そのままにCGもインターフェイスもほぼ一から作り直しているという凝り具合。その分発売時期がまだ未定なんですが、クオリティには期待が持てるというものです。特にBGMへの気合の入り具合はスゴイですが、『YU-NO』作中曲って100曲超えてたんですね…異世界編と二つあるとは言え、梅本氏ってやっぱ偉大だなあ。
Posted by talk(管理人) at 2016年02月02日 08:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]