2016年05月05日

『EVE burst error R』限定版について

 発売から一週間が過ぎてしまいましたが、『EVE burst error R』が遂に発売となりました。皆様は既にプレイされていますでしょうか。作品内容については今更語るに及ばずというくらいウチでは語り尽くしておりますので、今回は初回限定版の原画集から新規描き下ろしCGなんかを紹介してみたいと思います。

 というわけでまずはコレ。

160505_01.jpg

 これはもはや家宝だね。しかし流石に写真撮った後はすぐにしまいましたが(笑)

 ゲーム中の新規CGはかなりの数に上るようで、勿論基本的には既存の作中CGを再彩色してるリマスター版になるのですが、前回一枚CGが用意されていなかった場面に新規CGが追加されたり、同じシーンでも新たに描き起こしたCGもあるようで、再プレイとはいえなかなか新鮮な発見があります。

160505_02.jpg

 こちらは大使館突入のワンシーン。この後氷室のダイブシーンへと繋がるわけですが、サターン版では暗闇の中のやり取りということで黒背景にメッセージのみのシーンだったものがこんな感じで新規CGが追加されています。小次郎のへそチラがあったりとサービスシーンも充実ですね。

 後、特徴的なのが弥生関連。

160505_03.jpg

 こんな感じで表情豊かな追加CGが多いです。むしろ顔芸に近い勢い。弥生ってクールビューティー的な印象なんですけど、確かに作中の要所要所の言動なんかも鑑みるに、案外とこういう部分も素の弥生ということなのかもしれませんね。

 20年も前の作品をそのまま再構築するわけにもいかず、というのは原画集にある田島直氏のコメントですが、今回のリマスター版では同じ作品の同じシーンでもちょっとした違いが見えたりするので、既に何回もプレイなさっている皆様にもオススメです。
posted by talk at 14:10| Comment(5) | EVE&剣乃・菅野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プリンが!プリンがあ! 

ショックなのです…
Posted by にゃんぞー at 2016年05月19日 17:33
プリン……ご冥福をお祈りします
Posted by 一EVEファン at 2016年05月19日 17:35
 私も大変ショックを受けております。まだお若いのに…

 天真爛漫なプリンと凛としたプリシアの両方を演じ切り、キャラの魅力を確立させたのは水谷さんの演技があってこそ。今回の『R』再プレイがまさか追悼になるとは。二十年前の作品ですので既に鬼籍に入られたお方が数人いらっしゃいますが、本多さんに続いて水谷さんはまだまだお若いのに残念で、大変ショックで御座います。

 ご冥福をお祈り致します。
Posted by talk(管理人) at 2016年05月19日 18:03
他のをやりかけだったんでそっちが一応けりつけたんで、Rの封印開放したのが数日前、で、原画集にて追加CGを見る。
「PKの連続技だ」と「なんだってーーー!!!!」ですね。
うむ、確かにこれならラブリー弥生だw
Posted by 光軍人 at 2016年05月22日 21:34
>光軍人様

 確かにらぶりー弥生の面目躍如な感じですね。ほとんど別物だったとは言え、PSP版のポンコツぶりは目も当てられないモノでしたから、やはり弥生はこうでなくては。久しぶりに泥酔シーンを見たらやっぱり可愛かったです。そしてやっぱりちょっとあざといですね、あのシーン(笑)。この感想も久しぶりだなあ。
Posted by talk(管理人) at 2016年05月22日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]