2016年11月27日

『DESIRE remaster ver.』2017年4月27日に発売

 EVE burst error、YU-NOに続いてDESIREもリマスター版が発売されることになったそうです。

『DESIRE remaster ver.』 2017年4月27日(PS vita / PC)

http://www.4gamer.net/games/363/G036318/20161117045/
http://el-dia.net/desire/ (公式ティザーサイト)

 リマスターの仕様については先に発売された『EVE burst error R』とほぼ同じで、原作CGを彩色し直したデジタルリマスター版に、田島直氏による新規CGが追加されているみたいですね。DESIREに関しても以前PS2版でリメイク版がリリースされましたから、今回もサターン版ではなくてPS2版を基にするものと思われます。

 DESIREといえば衝撃のラスト展開が何より印象に残る作品ですが、ティーナ役の故・川上とも子さんの演技も忘れられません。ゲーツ役の青野武さんも既に鬼籍に入っておられますし、再プレイの時はちょっとしんみりしちゃうかもしれませんねえ。

 それにしても2016年からburst、DESIRE、YU-NOといった剣乃作品の代表的作品が次々とリマスターで発売され……あ、YU-NOは延期になりましたが(笑)。ま、とにかくこんな形で過去の名作が現行機種でプレイ出来るようになっていくのはとても嬉しい限りであります。

 ここまでは『剣乃作品』のくくりでリマスター&リメイク復活も成し遂げられましたが、欲を言えばそれ以降のEVEシリーズとかも何とかこんな形で復活して貰えればなあと。発売元や版権なんかの大人の事情も色々とありますし、何よりburstに比べると人気も知名度も落ちてしまいますので難しいとは思いますが、是非にと切望しながら朗報を待たせていただきます。
posted by talk at 01:59| Comment(8) | EVE&剣乃・菅野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしいですね、DESIRE。自分はプレイ当時は高校生で、もうとにかくマコトがむかついてむかついてしょうがなかったです。
年齢を重ねた今思い返すと好きなる・・・事は全くないですが、ある意味では実に女性らしい生々しさを体現したキャラだなと感じます。
EVEがリマスターされたのに続いて、今年もこのDESIRE、それに慟哭とかまいたちの夜という自分が思春期に夢中になった思い出の作品が次々とリメイクされることになって古いADV好きとしては非常に嬉しい気持ちに浸っています。
Yu−noとミステリートも無事に発売されるといいですね。
Posted by はっしー at 2016年12月03日 16:35
>はっしー様

 私も当時初プレイ時は大学生でしたので、マコトへの生理的な嫌悪感はそりゃもう半端なかったですねー。今になって改めてマコトというキャラを振り返れば……仰る通り、相変わらずなんですけども(笑)、今風に煽れば「ま〜ん」というキャラかもしれませんね。そしてそれこそがマコトの魅力でもあるという事実は、流石に年齢を重ねて二周くらい回ってからでないと許容出来ないという気もします。

 でもやーっぱりキャラ的にはそうそう簡単に好きにはなれないですよねー。当時に比べれば幾分かマコトの心情に想いを馳せるくらいには私の心理的なキャパも増えてきたとは思うのですが、だからって彼女の言動全てを肯定してあげられるかというと、やっぱりそれは難しいです。というかそもそも何かイヤ(笑)。そういう意味での存在感は数ある剣乃作品のキャラの中でも群を抜いています。

>今年もこのDESIRE、それに慟哭とかまいたちの夜という自分が思春期に夢中になった思い出の作品が次々とリメイクされることになって

 burstやDESIREはリメイクといってもどちらかと言えば現行機種での再プレイ可能というくらいのベタ移植ですが、かまいたちは美少女ゲー風の立ち絵追加等のかなり思い切ったリメイクになるとかで賛否両論の激しい意見も出ていますね。しかし何にせよこうしてまたプレイ出来るのは本当に嬉しい限り。

 テキストADV系はリメイクやリファインのハードルが比較的低いジャンルだとは思うので、思い出の作品が少しでも復活してくれると嬉しいです。
Posted by talk(管理人) at 2016年12月04日 00:28
マコト嫌われてますねぇ。。。

分からなくもないのですが、私は初見から意外とマコトの事好きなんですよね。というか、元鞘関係自体が元々好きというか
……アルが何もフォローに来なかった事もなんだかなぁ…という気がするし。そういう意味だと一番腹立つのはアルなのかもしれない。


慟哭もあの頃のSSユーザーを直撃する作品で、感謝しかありませんなぁ。。
Posted by みかど at 2016年12月04日 05:35
>みかど様

 そうですねー。ワタクシも大人になりましたもので(笑)、当時よりもアルの減点要素に気付くようになった気はします。まあ、彼女と約束してたまさにその時間にクリスとおっぱじめるというのは当時も擁護は出来なかったですが。

 同じ島内にいながらもタイミング悪くすれ違ったり、立場上意見的な衝突があるのは仕方がないことなので、自由時間になる夜に会いにいってじっくりお話をという時に、やれ他の女と浮気したり、女の子のお世話を任されたりと、マコトも気の毒ですからねえ。

 どっちにしろ科学者タイプの多い島内でああいう気質のアルが、しかもあのタイミングで放り込まれた時点でもうそこは諦めなければいけないのかもしれません……と、なるとカズミさんが元凶なのかな?(笑)

>慟哭もあの頃のSSユーザーを直撃する作品で

 こちらも同じ会社がリメイクを手掛けているみたいですね。サターン作品のサルベージを手掛けてくれるなんて我々世代のツボを掴んでくれてますなあ。社名が「エルディア」っていうのがね、ニクイニクイ。
Posted by talk(管理人) at 2016年12月04日 17:50
マコトは初めてSS版をプレイした当時はそれほど嫌いではないキャラであり、好きでもないキャラであり、自分の中では特に気になるキャラではなかったんでしょうね。
あと割りと氷上恭子さんの声が好きだったんで、そこまで嫌悪感は持たなかったかな。

慟哭はやったことないな〜。

EVEシリーズは納谷さんの源三郎が見たいんでZEROと久しぶりにカッコイイ小次郎が見れたニュージェネレーションはやりたいですね。
Posted by 光軍人 at 2016年12月17日 00:17
>光軍人様

 あら、意外に皆様の中ではマコトの好感度が低くないっぽいですね。もっとも、光軍人様も「特に気になるキャラではない」って仰られてますが(笑)

 私は初回プレイ時からダントツでキライでしたが(笑)、言動の何々が決定的に嫌いというより「こいつ、わけわかんねえな」が主な理由かもですね。ただ、デザイアって他の女性陣がどれもかなり魅力的なキャラばかりなので、ヒロインではなく主人公としてのポジションなマコトはちょっと相対的な割を食ってる感はあるんですが、皆様は如何でしょうか。
Posted by talk(管理人) at 2016年12月20日 18:04
次回剣乃系でサークル参加する時にはDESIRE本出してみようかな? マコト目線でポエムな漫画が描けそうな気がするw

彼女はあの研究施設にいるにも関わらず自己評価が著しく低くて誰かからの支配を求めてるんですよね。だから強引なタイプのレイコやアル、カイルとかと相性が好い。
心と身体を暴かれ晒され続けて、頼れる者は誰も居なくなって、最終的に自分の強欲さを飲み込んで認められたのがあのラストかなぁと。
SS版の催眠じゃ物足りない、やっぱり原作のSM描写ありきのキャラと思います。
Posted by みかど at 2016年12月26日 04:09
>みかど様

 お、いいですなあ。あんまりサンプルは無いと思いますけど、マコトが好意的に描かれるなんて多分同人誌上初なんじゃないですかね。

>だから強引なタイプのレイコやアル、カイルとかと相性が好い

 私はレイコさん大好きなのでレイコ×マコトの百合はたまんないです(笑)。SS版キャストが山口由里子ってのがまたピンズドで素敵。

 今回のリマスター版は勿論全年齢ソフトなので、SS版と同じ催眠術アプローチなんだと思います。burstと同じ流れならPC版で18禁版が出るかもなので、そうなればそちらは原作の18禁描写でしょう。これって今風に言うとNTRなのかなあ。状況的にはそうなんですけど、それもちょっと違う気もしますし。

 何にせよ家庭用機種の代替案として採用されたカイルの催眠術アプローチが初見のマコトへの嫌悪感の一端になってるのはあるでしょうね。ゴツイ体躯のカイルが迫りに迫っていきなり手の内から振り子を取り出すのはなかなかシュールな光景でしたが、それを何の抵抗もなく見つめて目の色がさーっと変わっていくマコトの描写もかなり笑えました(笑)。しかしあれも原作の18禁展開の代替案としては相当の苦肉の策だったんでしょう。当時のスタッフの苦労が偲ばれます。
Posted by talk(管理人) at 2016年12月26日 16:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]