2007年06月11日

♪ウォウオウオウラーイオーンズ

 今、西武ライオンズがとんでもないことになっております。あの常勝レオ軍団がオリックスや楽天を差し置いてパリーグ最下位。現在投打共に光明見えずの泥沼10連敗中。我々世代の野球好きからすればまさにありえない状況と言っても良いでしょう。

 スカウト問題で上層部のモチベは上がらず、松坂が抜けたことで「どんなに連敗しててもここで止められる」と思える支柱が不在となり…と、ここに来て不安要因と暗黒面が一気に噴出しているという感じでしょうか。しかも上記の二つが要因だったとしたら、これはどう頑張っても今年中は解消されない問題でもありますので、ひょっとしたら春先に予想した「西武まさかのBクラスか?」が現実のものとなるかもしれません。

 ホークスファンからすれば西武はまさに「宿敵」。これまで幾度と無く優勝争いの天王山を繰り広げてきた憎き相手でありながら、その実力を認めてきた好敵手でもあります。ホークスもあんまり良い状況とは言えませんが、それ以上にどん底状態の西武を見るのはライバルとしても忍びないものがありますですよ。何とか立ち直って混パの一翼を担って欲しいものです。
posted by talk at 00:00| Comment(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
俺と森本レオ
もとい俺が書こうかなと思ってた話題を同時期にかいとるあたりみるとこは同じかな?と

NBAとか他のスポーツみてるとチームの強さはローテーションされてるようにみえるんだが 日本のプロ野球は結構2極化されてるように感じる
パリーグはプレイオフ導入効果もあって
ペナント1位でなくとも優勝できる 裏道を使ってうまくローテしてる気がするね
セも横浜が長いトンネル抜けたからあとはそろそろ広島あたりが優勝すればなぁと思う
巨人もドン底味わってきたし 西武も例外ではないかなと まあ戦力というより「フロント」の問題かなとは思うけどね
Posted by fumarsa at 2007年06月14日 12:18
>ふまちゃん

 と言ってるうちに西武は連敗を10で止めてそこから連勝してるね。かといって相変わらず不安だらけなのは変わってないけれども、とりあえずどん底は脱したかな?問題はこのどん底の西武に連敗する今の阪神の弱さかもしんないけど(笑)

>日本のプロ野球は結構2極化されてるように感じる

 チーム経営的には必ずしも優勝しなくてはいけない!ってもんでも無いからね。優勝をするからにはそれに見合った投資が必要になるわけやけど、バカバカ金注ぎ込んだから確実に優勝出来るわけではないのは言うまでも無いし、以前ほど「野球で優勝する」ということの経済的な効果も見込めなくなっているから、トータルで見ると投資に見合ったリターンが返っては来ないのかもしんないねえ。その辺、「ウチには無理」と見極めしてる球団も多いはずで、その結果が二極化を招いているのかもしんない。

 そういう意味ではセパ両リーグのプレーオフ制度は単純にチャンスが拡大しているわけだから良いとは思う。相変わらず「ペナントを優勝した価値が薄れる」という批判は根強いけれども、そういうのは精神的・文化的、或いは経済的なものも多分に含まれるから今から作り上げていけば良いと私は思うけどねー。どうも野球に関しては「今は良くない=昔の方が良かった」に直結しがちなので、今までも散々新しい芽を摘んできとるからなあ。当分こういう話は無くなりそうに無いね。
Posted by talk(管理人) at 2007年06月15日 22:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]