2017年03月02日

姫屋ソフト、ひっそりと逝く

 『EVE』シリーズのゲーム会社姫屋ソフトが倒産

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1702/21/news111.html

 Wikipediaの記事によれば、

>2014年(平成26年)に事業を停止し、2017年(平成29年)2月8日に東京地方裁判所から破産手続開始決定を受けた。負債総額は約1億5000万円

 だそうです。もう随分前に新作のリリースもサイト更新も止まっていましたから特に驚きは無いんですけど、こうして社会的にもはっきりと命脈が絶たれたことが発表されると、私のゲーム人生の数割を捧げて来たメーカーだけに何やら感慨深いものがあります。幸いにして…かどうかはわかりませんが、昨年今年にかけて『EVE』や『DESIRE』のリメイク作品がリリースはされていますので、版権元はまあ何とか残っている状態ですから、ひょっとしたらEVEジェネの時みたいに忘れた頃に何処かの誰かが拾いあげて、ひょっこり復活という希望も0%では無いということですかね。その時を夢見つつ、私は私でひっそりとサイトの方も続けて行きたいなと思っております。

170302.jpg

 お疲れ様でございました。今まで本当にありがとう……

 昨今、一時期を築いた老舗アダルトゲームメーカーの破産・倒産ニュースが続いておりまして、ソシャゲの台頭やら何やらでR18業界も変遷期に来ているのかなあという印象です。一生懸命作ってもすぐに割られるわ、ユーザーの目も舌も肥え過ぎててすぐに飽きられるわ、pixivなんかの表現の場が増えてますから素人とプロの垣根なんてもう無いも等しいわですからねえ。良い時代でもありますし、やはり難多き時代でもあるんでしょう。

 ま、いまやスマホで簡単にエロゲ出来ちゃう時代ですもんね。私なんか19で大阪で大学デビューした時、一人で電気街のエロゲショップに行くのに本当にドキドキしたもんですよ。ああ、何かちょっと間違ってるけど、これはこれでオトナの階段上ってるんだなあという実感が湧いたものです。時代が変わるに連れて色々と環境や形態も変わりゆくものなんでしょうけど、そういう青少年のドキドキは今も昔も普遍的なものだと思いますので、アダルトゲーム業界の方々にはこれからもジャパンのHENTAI文化を支えて頂ければと切に願っております。
posted by talk at 21:19| Comment(3) | EVE&剣乃・菅野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなんだ。
本当に知らぬ間にですね。
YU−NO発売までカウントダウンじゃ、とか思ってる間に故・菅野ひろゆき氏の古巣が逝くか・・・。
エルフは大丈夫かな?

私の場合は愛知なんで、名古屋市内の大須商店街でエロゲー買うのにドキドキしてましたね。
私は小柄&童顔なんでね、余計ドキドキしたね。
実際に年齢確認されたことはないけど。
Posted by 光軍人 at 2017年03月09日 20:35
>光軍人様

 YU-NOも何とか再延期せずに本日発売になるみたいで何よりです。かつてのエロゲ戦国時代に台頭したメーカーも淘汰されて、息しているかどうかも不明なとこも多いみたいですね。

 YU-NOは5pbが拾ってリメイクまで辿り着きましたし、EVEジェネも角川が拾いましたし、今後は比較的体力のある大手が拾ってのリメイクとか新作という動きになるのかもしれませんね。どちらにしろ市場の勢いそのものが萎みつつあるので、全盛期を知る身としてはしみじみしちゃう部分もあります。まあ、かつてがおかしかったと言えばそれまでなんですが(笑)
Posted by talk(管理人) at 2017年03月16日 09:31
YU−NO仕事帰りに買いました、限定版です。
特別な小冊子のつかない店舗で予約したんで、そっちに何が書いてあるのか気になってます。
パッケージの中箱に粋なことしてくれますね。
PC版パッケージのをリメイク版のキャラデザの人が描き直したのかな?
透明なのが取れて裸のユーノよりもそっちの方が嬉しかったわ。
あと、攻略本つきってのはどうなのよ・・・。
まぁこのゲームは攻略本なしじゃクリアーするの難しいんだけどね。
SSの時はPCの原画集買ってそれの攻略記事見てクリアーしたっけ。

老舗エロゲーメーカーだと自分はそこのはやったことないけどアリスソフトやサーカスあたりは無事なイメージがありますね。
Posted by 光軍人 at 2017年03月16日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]