2007年10月11日

2007年のホークスは終わりました…

 ホークス、CS第一ステージ第三戦でロッテに完封負け。これで今年のホークスの試合は全て終わりました。

 今年のホークス、多村の移籍と小久保のFA復帰で戦力的にはダントツのトップ予想がされていましたが、いざ始まってみると結局一度の大きな波に乗りきれずに終わってしまった感がありますね。対称的に新庄、小笠原、岡島の抜けた日ハムが厳しい評価と予想をされながらも一位通過(※現時点でCSでの終章までは未定ですが)を成し遂げたことを考えると、ホークスの来年の仮題も色々見えてくるような気がします。

 さて今年のホークス、何と言っても投打の主軸である斎藤和巳と松中の故障離脱と不振が痛かったわけですが、しかしこれは彼らが上手く機能しなかった時の戦力代替と戦い方の確立が出来ていなかったことが改めて仮題として浮き彫りになったということだとも思います。

 打つ方に関しては結局最後まで打順が固定されなかったこと。松中の不振を受けて彼を3〜5番に入れ替えるのは良いとして、一番打者を最後まで決めあぐねたのは痛かったですね。6番以降の打者についても同様。柴原だったり新外国人だったり、時には不調の多村が座ったりもしましたから、この辺のふらつきが原因と言えたのかも知れません。確かに固執し過ぎるのもマイナスですが、多少の好不調でコロコロ変えるのも打線のスタイルがぼやけてしまいます。結局多村、松中、小久保の長距離砲に期待し過ぎた編成だっただけに、ケガや不調で上手く機能出来なかったわけですし、またその時に戦い方がぼやけてしまうようなスタイルを目指してしまったとも言えると思います。

 川崎、本多、大村、それに柴原や松田。打つだけでなく走る方も期待の出来る選手がホークスには揃ってます。それに多村もどちらかと言えば長距離砲オンリーではなくて打って走れる選手ですよね。彼らでヒットを稼いで松中と小久保で返すというスタイルは良いのですが、返すのは必ずしもこの二人でなければいけないわけでもありません。足を使って一つ先の塁を取れれば、下位の外野フライでも一点です。場合によっては内野ゴロでも一点は取れます。そういうスタイルも目指す必要はあるかもしれません。

 次に投げる方ですが、中継ぎが思ってた以上に不調だったのは誤算でしたね。これは来季に向けて更に強化していくポイントでしょう。抑えの馬原は不動の頼れる守護神として計算できますから、そこにつなぐまでの2〜3イニングをどう乗り切るかの編成は重要でしょう。幸いにして藤岡、三瀬、水田、竹岡、神内、甲藤…とコマは揃っているので、彼らの底上げと、やはりそれをどう使うかも重要になると思います。今年不調だった神内、そして期待の新人と言われた大隣。このあたりを2,3イニング投げられる中継ぎとして用意すれば、先発陣と抑えが確立されているホークスとしては盤石という感じはしますね。



 ま、長々と書いて参りましたが、結局の所今年は最後まで「このスタイル!」というのが確立できないままという印象でした。故障者の多さは不運でしたが、本当のスタイルというのは故障者や戦力の離脱でそうコロコロ変わるものではないはず。戦力が揃っているだけに、かえって彼らの良さに頼ってしまうチーム事情がここ最近の課題でもありますから、そこから一歩踏み出す強さを来季は目指して欲しいかなと思います。

 ホークスファンはかく語りき。来年も全力で応援しつつ、切なる想いで見守らせて戴きますですよ。
posted by talk at 04:42| Comment(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホークスは多村のほかにガトームソンも加入したので、ダントツ優勝だろうと思っていたのですが。野球はわからないものです。

僕の応援するヤクルトは古田、高津の引退と何年ぶりかの最下位という結末でシーズン終わりました。

中継ぎの石井と五十嵐不在、打って走れるリグスと岩村の不在。

前半戦は投打のかみ合いが最悪でした。前半戦は運が無さすぎたように感じましたが、やはり中継ぎを強化しないとどうしようもありませんね。

中継ぎというポジションの重要性を改めて理解させられるシーズンとなりました。

Posted by シルヴァ at 2007年10月11日 11:25
>シルヴァ様

 ヤクルトは20年振りの最下位に終わっちゃいましたね。投打の要の不在もさることながら、多分フロントとベンチの乖離も相当ヒドイような気もします。成績良くないからフロントも渋る、フロントが渋るから成績も良くない…常負チーム特有の悪いスパイラルの雰囲気がちらほら。

 ヤクルトは数年前から投手の駒不足が深刻でしたが、ここに来てその弱点がものの見事に露呈されてしまいましたね。打つ方も世代交代の過渡期にちょうどポケットがある感じで、上手く橋渡し出来る存在が不在というのもアイタタタ。

 ほんの5年前まで常に優勝争いに名を連ねたチームでしたが、その頃から見えていた問題が結局先延ばしになったままで今の状況にぶち当たったという感じもします。何よりフロントがあまり乗り気じゃないみたいですし、こりゃ結構冬の時代が長引くかも…古田の引退は寂しいですが、監督が変わり、象徴的な存在が去るのも逆に大きな転機になり得ますから、明るい話題が欲しいですね。
Posted by talk(管理人) at 2007年10月12日 09:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]