2005年08月26日

マイクタイソン・パンチアウト!!

 本日紹介するゲームは、今までのヤツと比べると割とメジャーなゲームですね。『マイクタイソン・パンチアウト!!』(任天堂・1987)。

050826_01.gif

 マイクタイソンと言えば今ではK-1の招聘に失敗しただの、暴力事件でどうしただの、対戦相手の耳たぶを噛み千切っただのとあんまりいい話を聞きませんが、その当時は世界的なボクシングスター的存在でもありました。それにあやかって出されたのがこのゲームというわけです。

050826_02.gif

 ゲームは割とシンプル。コントローラーの右・左で相手の攻撃を見切り、ガラ空きになった所にパンチを叩き込むというわかりやすいゲームになってます。しかし単純なだけに結構面白いですし、中盤辺りから相手のパンチもかなり速く、重くなってきますので、それなりに場数を踏んで慣れていかないと勝てなくなると言う難易度も◎。

 そしてこのゲームの良いところは何と言ってもゲームの雰囲気。音楽もこの当時にしてはかなりカッコイイですし、任天堂ならではの上手なゲームメイキングでロッキーばりのボクシングストーリーの演出に成功してます。

050826_03.gif

 右が主人公のリトル・マック。強いボクサーになりたくてマイクタイソンに憧れたという、今考えるとちょっと間違ってる純粋な青年。

 左がセコンド兼コーチのジョー。ジムに現れたマックの素質を見出し、共に世界一の座を目指すべく奮闘する。マックの良き指導者でありパートナー。要するに丹下のおっちゃん。声なんて勿論収録されてませんが、とりあえず声は飯塚昭三で。

050826_04.gif

 ずらりと並んだ対戦相手たち。左上から紹介していきましょう。ちなみに二つ名は私がテキトーにつけてます(笑)

【”奇跡の一勝”グラス・ジョー】(パリ/フランス)

 100戦中1勝99敗という奇跡の勝率1%を誇る現役最弱ボクサー。101試合目の試合を自らの引退試合と決め、男の意地をかけてマックと戦う…けど、インターバル中に「早く辞めたい」とぼやいちゃう。

【”華麗なる皇帝”フォン・カイザー】(ベルリン/ドイツ)

 フォンがつくので多分(エセ)貴族。カイザーの名に相応しいのは実力ではなくそのヒゲだったりするのはみんなには内緒だ!

【”最後のサムライ”ピストン本田】(東京/日本)

 AV男優みたいな名前だが実力は本物。祖国日本をこよなく愛し、礼儀正しいサムライとしてアメリカでもファンは多い…と思う。マックのライバル的存在として何度かタイトルバウトで拳を交わす相手。

【”スペインの熱き風”ドン・フラメンコ】(マドリード/スペイン)

 華麗な戦いを信条とする色男。必ず相手に先手のパンチを打たせておいて、それを華麗に避けた後のカウンターで何人もの相手をマットに沈めてきた…が、超が付くほど打たれ弱いのでとてもしょぼい。

【”楽園の王”キング・ヒッポ】(ヒッポ王国/南海の何処か)

 国王でありながら自らリングに立つ戦士。大きなお腹に似合わない華麗なステップと堅実なガードが国王の強さの秘訣。でも一度ダウンするとお腹が邪魔して起きあがれないというどうしようもない王様。

【”ボンベイの魔術師”グレート・タイガー】(ボンベイ/インド)

 必殺の分身攻撃を得意とする魔術師ボクサー。非常にポーカーフェイスなのでパンチを繰り出すタイミングが量りづらい。必殺の分身攻撃はグルグルとマットを高速移動して打ち出すラッシュ技。ずっとガードしてたら目を回して勝手にダウンするというバカ魔術師。

【”暴走機関車”ボールド・ブル】(イスタンブール/トルコ)

 2mを超える巨体から繰り出すパンチは非常に強烈。現役ボクサーの中では最もタイソンに近い男とも噂されている。必殺パンチは一度身を引いて上から雪崩れ込むように襲ってくる技だが、ここぞとばかりにボディを打つとそのままダウンを奪えるので焦らずに反撃しよう。

【”世界最凶”マイク・タイソン】(シカゴ/アメリカ)

 言わずとしれたヘビー級世界チャンピオン。数々のライバルを倒すことでようやく戦える世界一の男だ。はっきり言ってオカシイくらい強いので、普通にやっててもまず勝てないぞ!そしてどうしようもなく悪人面。



 と、こんな感じで戦って勝利を勝ち取るというボクシングストーリー。ステージの合間のパスワード画面では自由の女神をバックにランニングするマックとジョーの画面が出たりしてなかなか雰囲気出てます。

050826_05.gif

 ちなみに任天堂なのでこの人も地味に登場。

050826_06.gif

 ホントに何でもやるね、このおっさん。
posted by talk at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
talkさん、こんばんは♪

いやぁ・・・マイクタイソン・パンチアウト懐かしいゲームです(プレイしたこともありますよ)それにしても、マリオはレフィリーやら何でもこなしますね。最近ではゴルフ・テニス・野球(←これは最新)をやったりと本当に楽しませてくれる、おっさんですw
Posted by ごえもん at 2005年08月26日 22:50
>ごえもん様

 マリオの職歴をリストアップしたら相当凄いことになるんじゃないでしょうか、というくらいの千変万化ぶりですからねー。

 配管工、レフリー、テニスの審判、プロゴルファー、野球選手、レーサー、医者、テニス選手…その他諸々。中にはそれなりのライセンスが必要なモノもありますし、多様な能力とその適応力には舌を巻かされますね。

 でも、逆を言えば一つ所に留まれない、落ち着かない性分なのかも(笑)。本業は一体何なんでしょう?やっぱり配管工でお姫様助けるのが本業なんでしょうかね。
Posted by talk(管理人) at 2005年08月28日 13:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6263314

この記事へのトラックバック