2005年10月29日

もっともあぶない刑事

 現在、あの人気ドラマ『あぶない刑事』が『まだまだあぶない刑事』として復活上映中しているのを御存知でしょうか。
(※公式サイト:http://www.abudeka.jp/

 舘ひろしと柴田恭兵コンビが送る、カッコイイ刑事ドラマとして大人気を博した作品として有名ですが、実はドラマ全盛期にはファミコンのゲームとしてもリリースされていたのであります。今日はそんな人気ドラマ『あぶない刑事』をファミコン版からリスペクト!

051029_01.gif

『もっともあぶない刑事』(東映動画・1990)

051029_02.gif

 ゲームはこんな感じの横スクロールアクション。んー…まあ、何というか、画面を見ただけでクソゲーな薫りがそこはかとなく漂って参りますが、中身は推測通りのクソゲーなのでその点はとっても安心することが出来ます。ちなみにこれが主役の二人。

051029_03.gif

 左がユージ(柴田恭兵)で右がタカ(舘ひろし)であります。勿論「キャラ性能差」なんて高尚な概念はこのゲームには存在してませんので、恭兵派かひろし派かの気分でチョイスして遊びましょう。
 ユージはともかくタカはこのクソドットでも舘ひろしというのがびんびんに伝わってくるのがスゴイですね。何でだろう?何が決め手なんだろう?やっぱりサングラスかなあ…

 しかし流石にオープニング画面からもドラマの「渋い」雰囲気は何とか表現しようと頑張っているのが伝わってくるかと思いますが、特に演出面にも拘ってドラマの雰囲気を再現しようとしていたわけですよ。まずはスタートを押してゲームを始めると、タカ&ユージのアダルティでシャレた会話が極めて唐突に始まります。

051029_04.gif

 うーん…何だかよくわかりませんが、とりあえず恭兵、女と別れたばっかりみたいです。余りにも文章が短いのでかなり想像でカバーしないといけませんが、要するに「貴方はいい男なんだけど、いつも危険と隣り合わせの生き方をしていて私なんかちっとも眼中に無いのね」とでも女に言われたんでしょうね。要するにフラれたわけですかー。そうですか。恭兵、大変だなあ。
 そんなちょっぴりセンチな恭兵に舘ひろしが優しくフォロー。そうですよ、こんな楽しい生き方を変えられるわけがありません。危険な香りこそ男の生き様、男の魅力!

051029_02.gif

 男は銃弾くぐりぬけてナンボなんですよ。軟弱な女どもにそんな気持ちが分かってたまるかー!



 そしてダレダレのゲームを続けると何とかステージ1をクリア。するとまたしても唐突にこんなカットが挿入されてタカ&ユージの会話が始まります。

051029_05.gif

 えーと…「みやさか」ってダレ??

 というかキミらは何の事件を追ってるの?何でン十人ものヤクザさんたちに狙われてるのー??…そういう細かい説明は一切無く、後はもう同じようにダレダレの雰囲気の中、百人単位のヤクザさんを銃殺してゲームクリアを目指します。

 まあ、よくわかりませんが、とりあえず女は男を変えようとするものらしいです。世の男性諸君は心に留めておきましょう。後はしらん。
posted by talk at 22:53| Comment(4) | TrackBack(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
あぶ刑事のゲームがファミコンで出てたとは聞いてましたけど画面見たのは初めてです。冒頭の会話の部分は「もっともあぶない刑事」の再現ですね。てかゲーム内容も。

もう見られない画面をこういう形で見せて頂けて嬉しかったです。

今後、できたらPSとかでゲームでーへんかなとか思うてます。
どうもお邪魔しました。
Posted by ポン太 at 2006年03月21日 04:48
>ポン太様

 初めましてー。そしてようこそいらっしゃいました。

 客観的に見ても、そして贔屓目に見てもこのゲームはクソゲーの評価は免れないとは思うのですが、この当時としては頑張ってドラマの格好良さをデモ画面等で出そうとしているのは伺えるんですよね。

 やっぱりそれだけ原作の持つハードボイルドな格好良さが魅力だってことだと思いますし、だからこそ最近復活もしたってことだと思います。
 最近はドラマを原作にしたりドラマとタイアップしたりしているゲームってのはほとんど無いのですが、あのカッコイイ『あぶない刑事』を是非またゲームでも、そしてまた他のいろんな形でも見てみたいですねー。
Posted by talk(管理人) at 2006年03月22日 15:54
レスありがとうございます^^
確かにお聞きする限りいいゲームとは言いがたそうな感じですね。
ただ、私はこのゲームが出ていたとき5、6歳でしてパーマンのファミコンゲームをやってた覚えがありますが、ファミコンの画面って多分、今の子供たちが見たらビックリする位画面酷いですよね。ファミコンでシーンの再現を狙ってる辺りかなり頑張ったのではと思います☆

ちなみに管理人様は主にどちらでプレーされてました?私はタカ派でした^^;
Posted by ポン太 at 2006年03月24日 04:48
>どっちでプレー?

 私は舘ひろし派だったのでタカを選びましたよー。タカ派ですよ、タカ派(笑)。ま、選んでもキャラ性能差はありませんし、黒ドットのサングラスが付くだけなんですけど、それでもファンが見ればそれはそれできちんと舘ひろししてるわけですよ(笑)

 よく言われますけど、表現に制限のあったファミコン時代の方が、少ない容量やドットの中で工夫して世界を作り出していた面白さがあるとは言われますよね。その論法で今のハイクオリティなゲームが何でもアリ過ぎてダメだと言うわけでは無いのですが、やっぱりファミコン作品には独特の「趣」があったんだなーとは今でも強く思いますね。
Posted by talk(管理人) at 2006年03月25日 16:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8738877

この記事へのトラックバック