2011年08月03日

PSP版burst記17

 今回は小次郎編、12月8日の後半部分をレビュー。ディーブに拉致されて窮地に陥った小次郎でしたが、それを助けてくれたのは何と死んだと思われていた源三郎でした。小次郎の師匠でもあるこの源三郎がなぜ今になって姿を現したのか。なぜ死を装って身を隠してまで暗躍する必要があったのか。そしてこの血生臭い王位継承事件について、源三郎は何を知っているのか。夜の埠頭で久しぶりに対面した師弟の会話が今回レビューの中心になります。

110803_01.jpg

 展開そのものは原作と全く同じなのですが、そこで触れられる内容がかなり変更されていますので、今回は敢えてこれだけで一回取ってそこにいちいち触れながらレビューすることに致します。動きの全くない、しかもバックボーン設定だらけの文章なのでかなり辟易されると思いますが、なにぶんここまで来たらスルーするわけにも参りませんので何卒ご容赦の上でお付き合いをお願い致します。

※ネタバレ注意!苦手な御方は注意してお読み下さい。

続きを読む
posted by talk at 16:22| Comment(6) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

PSP版burst記16

 今回のレビューはまりな編、ディーブのアジト突入後になります。

 未だ数々の疑惑や疑念を残しながらも、自分の心の奥にある源三郎への信頼と共感を信じて共に行動することを決意するまりな。そしてディーブのアジトに侵入して中の様子を窺うと、そこには彼らに捕らわれて窮地に陥っている小次郎の姿が。しかも源三郎は何やら小次郎のことを見知っている様子。まりなと源三郎はこの状況下でどう動くのか。そしてその先には二人の運命的な出逢いの夜が待っているのでした…

110611_01.jpg

 原作ではこういう感じのシーンになりますね。PSP版でも大筋は同じ展開になりますが、ディーブの役割が変更されていることに伴ってこの後の展開も変更されることになります。今回はその辺りに触れながらレビューすることに致しましょう。

※ネタバレ注意!苦手な御方は注意してお読み下さい。

続きを読む
posted by talk at 04:22| Comment(0) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

PSP版burst記15

 今回のレビューは小次郎編、ディーブのアジトに於ける一連のシーンですね。ディーブに捕まり、グレンの射殺や拷問された茜が登場したり…のシーン。原作と違って「まさか…!」の人物が小次郎たちを助けに登場するという、PSP版ならではの驚愕の展開にご注目下さい。

110510_01.jpg

 ちなみにこの後に茜と共に源三郎に救出され、夜の埠頭で師弟が再会して事件の核心部分について話し合うシーンが続きますが、そこでの会話では原作と比べてもかなり詳細に各方面に言及されますので別枠で一回レビューを取ることにしています。

※ネタバレ注意!苦手な御方は注意してお読み下さい。

続きを読む
posted by talk at 02:06| Comment(5) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

PSP版burst記14

 今回のレビューはまりな編の12月8日前半。小次郎編との対比で「ディーブのアジト侵入前」としていますが、ここでの一番の山場は香川美純による内務監査のシーンとなります。

110413_01.jpg

 これまでまりなは自身の判断に基づいて常に最善と思われる行動を取ってきましたが、真弥子への襲撃を完全に回避することが出来なかったのもまた事実。果たしてそのまりなの判断は正しかったと言えるのか。誰かに情報を漏らしたりはしていなかったのか。真弥子の周囲に関わる人物の中で挙動の怪しい人物はいなかったのか。それぞれの思惑とは一体何処にあるのか…等々。全力で真弥子の命を守ることだけを考えていたまりなにとっては、ことこういう事態に至って初めて個々の事件だけでなく、一連の騒動の全容を見つめ直す機会となる時間でもあります。そうして事件の全貌が徐々に見え始めた矢先に事態は動き出すことに…という流れになりますね。

 PSP版でもこの辺の流れはあまり変わっていませんが、そこに至るまでの経緯は前後の展開を受けてかなり変わっていますので触れていくことに致します。

※ネタバレ注意!苦手な御方は注意してお読み下さい。

続きを読む
posted by talk at 16:19| Comment(0) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

PSP版burst記13

 ハッキングシーン前後で随分文章を費やした12月7日もようやく終わり、やっとこさ8日目に突入することが出来ました。今回はその12月8日の前半、小次郎がディーブに捕まるまでのシーンをレビューして参ります。既に変更点だらけでレビュー当初の「原作との相違点だけに触れていく」なんて趣旨はすっ飛んでおりまして、ストーリー展開をそのまま触れていくレビューになってしまいましたので、重ねてネタバレが苦手な御方はご注意してお読み下さい。

 原作では12月6日の大使館突入後に相当するシーン。大使館から逃げ出したプリンとの再会を果たした小次郎は、プリンが仕える「さる高貴な御方」との接触を試みます。そして何とプリン自身がその王族・プリシアであることが発覚。事件の全貌が見えかけたその時、小次郎とプリシアはディーブ配下の襲撃を受けてしまいます。プリシアを逃がすことには成功したものの、奮闘虚しく小次郎はディーブに捕らわれてしまうのでした…というのが原作のシーンになりますね。

 PSP版ではこの辺りの展開が既に別作品クラスに変更されていますので、今回はその変更点をじっくり見てみることに致しましょう。

110330_01.jpg

※ネタバレ注意!苦手な御方は注意してお読み下さい。

続きを読む
posted by talk at 03:50| Comment(2) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

PSP版burst記12

 今回はハッキング後のまりな編についてレビュー。毎度の如く余計なことに触れてしまっているので文書自体は長めですが、起こる出来事は「ホテル襲撃事件」のみになります。

 原作に於いては真弥子護衛任務中止の引き金となった事件であり、爆弾を抱えた男が自爆覚悟で突っ込んでくる中、次々と迫り来る敵を射殺しながらも逃げ出すという作中屈指のアクションシーン。そして真弥子の口からエルディアの王位継承問題が語られ…という物語終盤の導入部分でもあり、まさに「終わりの始まり」を予感させる重要シーンでもあります。これまでの展開の中でエルディアを象る設定は大きく原作との違いを見せているPSP版ですが、事件の根幹とも言えるこの背景部分はどう変更されているのでしょうか。

110321_01.jpg 

※ネタバレ注意!苦手な御方は注意してお読み下さい。
続きを読む
posted by talk at 02:36| Comment(3) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

PSP版burst記11

 恥ずかしながら、帰って参りました――

 昨年の忙しさも相まって前回のレビューから半年以上も間が空いてしまいましたが、また今回からPSP版burstのレビューを再開したいと思います。正直後半になればなるほど原作との相違点…などと言ってられないほどの変更がされており、というかもうほぼ別作品じゃね?的な文章と展開が続くPSP版。コレを最後までやり通すのは、EVEへの愛が深い私にはかなりの苦行とも言えるわけですが、まあ折角後半付近まで書いたんだから、もう最後までやりきっちゃえ!的に根性を出して、最後までこのレビューをやり通す為私は帰って参りました。気分はもう核をぶっ放す時のガトーの気分ですね。スターダストメモリー。

 ちなみに今回から記事カテゴリを「EVE&剣乃・管野」から「【PSP】burst error EVE the 1st」に変更し、これまでのレビューも同カテゴリにまとめて掲載しております。読み返したい時は是非ご活用下さいな。

 さて、前回から相当間は空いてしまいましたが、今回は小次郎編の12月7日後半…数々の目論見や背景が明るみになり、burst終盤の幕開けとも言えるハッキングシーン後の展開をレビューすることに致します。そして氷室好きにとっては未だに語り草とも言える、氷室のダイブシーンも遂に登場!同時に長年の氷室バカとして生きてきた私にとっては試練とも言えるレビューになるわけですが、果たして…?

110309_01.jpg

※ネタバレ注意!苦手な御方は注意してお読み下さい。

続きを読む
posted by talk at 05:35| Comment(3) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

PSP版burst記10

 またしても前回更新から間が空いてしまいました。おかしいなあ…6月はもう少し余裕があると思ってたんだけどなあ…とか考えてるともう月末ですよ。更新ペースも遅くなってしまって恐縮ですが、更新内容も今回はあんまり作品時間的に進まないので更に恐縮至極な内容になっております。

100627.jpg

 今回はburst errorの、そしてサイトチェンジシステムを採用したEVEという作品の代名詞的シーンでもあるハッキングシーンのみをレビュー。変更された設定が多いので今回の更新はそこの説明だけで一回使います。それくらい設定ががらりと変更され、そしてばっさりとカットされた設定の多いPSP版。特にエルディア政情絡みの設定はかなり変更されていますのでご注意あれ。

※ネタバレ注意!苦手な御方は注意してお読み下さい。

続きを読む
posted by talk at 05:12| Comment(3) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

PSP版burst記09

 近辺が忙しくて前回の記事から少々間が空いてしまいましたが、今回でPSP版burstのレビューも9回目になりました。発売から実に三ヶ月が経ちますが、合間を見てメモを取りながらちまちまプレイしております。それにしても時間かかってるなあと思われた御方もいらっしゃるかと思いますが、平にご容赦を!

 さて今回は12月7日のストーリーを追い掛けますが、burstの見せ場でもあるハッキングシーンがあって記事的にもかなり文章量が多くなってしまいますので、12月7日は小次郎編・まりな編で分けるのではなく両サイドをハッキング前とハッキング後に分けて書くことに致しますね。というわけで9回目の今回は【小次郎編、まりな編 12月7日_ハッキング前】になります。

100612.jpg

 ネタバレ注意!苦手な御方は注意してお読み下さい。

続きを読む
posted by talk at 02:21| Comment(0) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

PSP版burst記08

 エルディア国際学校の校長である孔が殺害され、真弥子の近辺に今まで以上のキナ臭さが漂い始めるまりな編の12月6日。この日の夜、謎の人物からの呼び出しを受けて夜の学校で対決という、今まで見えなかったまりなの「敵」が判明する流れになります。原作ではここでシリアと対決することになるのですが、PSP版ではこのシーンが大幅変更。まりなの「敵」として夜の学校に現れた人物とは…!

 ま、大方の予想通りだったのであんまり驚きもしなかったんですけど(笑)

100523.jpg

 ネタバレ注意!苦手な御方は注意してお読み下さい。

続きを読む
posted by talk at 18:58| Comment(4) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

PSP版burst記07

 昨夜、孔宅で死体を発見した流れから後半に向けて事態が動き出す小次郎編の12月6日。エルディア国際学校校長宅で発見された死体、そのエルディア王家の王位継承者の一人であるというプリシア、そしてプリシアと同じく左右で異なる瞳の色を持つ者が連続して殺害されているという事件…小次郎に絡み付くエルディアという名の糸。そしてこの日の夜、かつて小次郎と赤い糸で結ばれていた女性との間に、また新たな糸が紡がれ始め…という感じですかね。

100514.jpg

 PSP版の弥生には、この”がっつき”が無いんだよ!(笑)

 ネタバレ注意!苦手な御方は注意してお読み下さい。

続きを読む
posted by talk at 19:42| Comment(2) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

PSP版burst記06

 連休で少し間が空いてしまいましたが、まったりと続けているPSP版burst記。原作ではプリンセスホテルでの爆弾騒ぎがあったりで終盤へと大きく物語が動く12月5日ですが、PSP版ではそのシーンが翌日に持ち越されていますので、同日の小次郎編と同じくかなりまったりと進行してます。その中で、原作では12月3日にあった弥生・まりな・真弥子三人での酒盛りシーンがこの日の夜に変更されていたりと、時間軸的な変更も目立ちます。

100507.jpg

 ネタバレ注意!苦手な御方は注意してお読み下さい。

続きを読む
posted by talk at 15:47| Comment(2) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

PSP版burst記05

 ストーリーも中盤に差し掛かり、次々と新たな事件と陰謀の香りがし始める小次郎編の12月5日。ちなみに原作ではこの5日に酔っ払った弥生と会話→マンションまでおんぶのシーンがありますが、PSP版ではそれが翌日になってます。急展開でどんどんと自体が進んでいく原作に比べると、PSP版の方がややゆったりとしていて現状の事態説明に時間を割いている展開になりますね。

100426.jpg

 本日の流れに相当する原作のCGがありませんが、多分プリンのこのシーンの辺りと被るところもあるだろうということで今回はコレ。PSP版ではこの可愛らしいプリンは登場しませんので、その意味も込めて。

 ネタバレ注意!苦手な御方は注意してお読みください。

続きを読む
posted by talk at 19:13| Comment(2) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

PSP版burst記04

 本日は12月4日のまりな編のレビューですね。この日のまりな編と言えばプールでのシーン。

100419.jpg

 PSP版でもこういうCGが欲しかったですねえ。サービスCG的な意味合いではなく、真弥子を不安そうに抱えるまりなのこの表情。今回の変更点のポイントですね。

 ネタバレ注意!苦手な御方は注意してお読みください。

続きを読む
posted by talk at 17:24| Comment(2) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

PSP版burst記03

 年度初めの忙しさで前回から少し間が空いてしまいましたが、今回もPSP版と原作の相違点を細々と書いて参ります。

 基本的にPSP版は選択肢が無いのでボタンを押して文章を読むだけの操作なのでサクサク進みますから、皆様の日記等でもクリアしましたという御方の感想をちらちらと拝見致しております。概ね予想通りのがっかり空気が漂ってまして、なかなかモチベーション上げてプレイするぞ!とならないのが辛いのですが(笑)、ま、そこはそこ、頑張ってプレイして行きたいと思います。

100407.jpg

 ちなみに文章量が多くなって来ましたので今回から小次郎編とまりな編を分けて書くことに致します。そしてこの唐突な鰹節の画像については後述の文章でご確認下さい。涙出ます(笑)

ネタバレ注意!苦手な御方は注意してお読み下さい。

続きを読む
posted by talk at 04:24| Comment(2) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

PSP版burst記02

 プロローグ的な初日も終わり、いよいよ小次郎の依頼とまりなの任務が本格的に動き始める12月3日。やはり原作との相違点、文章量も相当なことになって来ました。次回からは小次郎編・まりな編に分けて書くことに致しますが、今回は両方まとめて一気に行きますので、じっくりと腰を据えてご覧下さいまし〜。

100330.jpg

 松乃さん、ありがとう…そして、さようなら…

 ネタバレ注意!苦手な御方は注意してお読み下さい。

続きを読む
posted by talk at 23:03| Comment(6) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

PSP版burst記01

 PSP版burstプレイ記一回目…でもないんですが、前回はプレ回ということで今回が第一回目となります。その初回はストーリーの導入部分に当たる12/2の内容をご紹介致します。

 ちなみに記事内ではPSP版burstの事を「今作」、従来のサターン版やPS2版等の皆様もよく御存知のburstを「原作」と記しております。正しい表記では無いとは思いますが、わかりやすさ重視で書いておりますのでご了承を。

 また、ここにいらっしゃる皆様はburst errorのストーリーは言うまでもなく御存知だとは思いますが、ストーリー内容に細かく触れていく記事内容になりますのでネタバレを気になさる御方はご注意下さい。

続きを読む
posted by talk at 18:25| Comment(5) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

PSP版burst記00

 遂に発売となりました。PSP版burst!

100325.jpg

 PSPをお持ちでない皆様のため、そして繰り返されるリメイクと劇的に変化したキャラデザに溜息を禁じ得ない皆様のため、不肖このtalk、進んで地雷原を突撃する覚悟でプレイして参りたいと思います!

 毎日というわけには参りませんが、以降ちょっとずつメモ書きのような感じで原作(?)との相違点を記して参りますね。記事の内容的にはネタバレも大いに含まれることになりますので、気にされる御方は閲覧にご注意下さい。というわけで初っ端の本日は説明書から確認出来る、プレイ前でも判明する相違点を記しておきますね。

【新キャラ:松苑雪乃】

 エルディア国際学校(※エール外国人学校という名称に非ず)の養護教諭というポジションの新キャラのようです。おそらくシリアのミステリアスな役割に、松乃さんの案内役的役割が付加されたキャラなんでしょう。

 というわけで要するに松乃さんのリストラが確定されました。合掌…リストラキャラへの供養からか、このキャラの名前に「松」と「乃」の字が含まれてますね。

【新キャラ:ネル】

 謎のメイド少女という紹介のみで、プレイ現在では未だ登場しておりません。というかメイド??burstにそんなキャラが登場する余地ってあったっけ??的なぽかーんなキャラの登場に早くも心が折れ始めております。

 もしかしたらシリアの、プリンの護衛という役割を抽出したポジションになるかもしれませんが、これは流石にプレイしてからですね。

【クリア後に「二階堂編」、「源三郎編」がサブシナリオとして登場】

 クリア後のサブシナリオとはいえ、なんと二階堂、まさかの主役昇格ですよ!超ぴっくり。



 ざっと説明書を見ただけでもこの変わりよう。軽くプレイしただけですが、とにかく根本設定が共通しているという以外はほとんど変更されておりまして、最早別作品と言っても良いレベルに変更されております。

 他にも「伊吹多聞」という、小次郎に協力する所轄刑事のおっさんなんて新キャラも出たりして、とにかく変更点の多さにある意味度肝を抜かれます。名作とは言え設定の粗も目立ったburstだけに、こういう新キャラを介することで話をわかりやすくナビゲードさせようという意図がリメイクのコンセプトにあるのかもしれませんね。

 同日に購入した『北斗無双』も面白いので片手間プレイの片手間更新になるかとは思いますが、こんな感じでプレイ雑記を続けて行こうと思いますのでよろしくお願い致します。
posted by talk at 16:50| Comment(7) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

氷室補完計画とか

 忙しくて二月も後数日なんて時節になってしまいました。衝撃のPSP版burst発売まで後一ヶ月となりましたが、PSPをお持ちの御方はちゃんと予約されましたでしょうか。私は勿論セルフ人身御供の心境でちゃんと予約してきました。「覚悟は良いか?おれは出来てる」のブチャラティの心境ですよ。

 職場が職場だけに普通にゲ●で予約して来ましたが、ファミ通販で予約するとこんなテレカが着いてくるそうですね。

100226_03.jpg

http://ebten.jp/famitsu/p/4997766200941/?aid=eve

 …まあね、別物だとは分かっちゃあいるんですが、それでも目の当たりにすると心の動揺は隠せません。一体何が起きているんでしょうね、ほんと。何をどう解釈したらこんな劣化長門みたいなキャラになっちゃうのか…おかげで折角の魅力的なキャラが、そこらへんによくあるステレオタイプな無口キャラで埋没しちゃうかもしれません。うーむ、氷室を世界遺産に認定して保護活動でもしようかしら。補完計画的な。勿論この同姓同名のつるペタロリキャラもどきは除外ね、除外!

 ついでに遅ればせながらAZU様とZac.様に頂いた年賀画像をアップ致します。サイト移転作業がきちんと完了致しましたら頂き物のページに改めて掲載致しますね。

100226_01.jpg

 ほんと、もうこの解釈で良いんじゃないかしら。夢よ、夢。

100226_02.jpg

 Zac.様は今年も相変わらずのようで何よりです(笑)
posted by talk at 18:34| Comment(6) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

PSP burst、公式サイト出来る

 EVE史上最大の衝撃発表から数夜が明けましたが皆様落ち着かれましたでしょうか。角川の方で公式サイトも用意されたみたいなので本日はその辺を少し触れてみましょう。

http://www.kadokawa.co.jp/game/eve/

 キャラデザの劇的すぐる変更については書き出すとキリが無いので今回は割愛致しますが、氷室が正真正銘のつるペタになっとるのがむしろ爆笑を通り越して戦慄。

「30オーバーの女子高生コスプレ押しかけ女房」

          ↓

     「つるペタの劣化長門」


 まさかこんな風になるだなんて一体誰が予想出来たでしょうか。どうしてこうなった、どうしてこうなった…(AA略)

 これはもう数ある並行世界の中の新EVE世界に送り込まれた、氷室一族の新たな刺客と私は考えることにしました。もうそうすることに決めた。しかし詳細はまだわかりませんが、これで高確率で教育監査機構の設定はハブられそうなので、失敗ボブで有名な松乃さんのリストラがかなり現実味を帯びて参りました。リストラが確定したら追悼・松乃さんイラストで供養してあげなければ…(笑)

 さて、ストーリーの紹介文を抜粋してみますが、

 >「天城小次郎」は港の倉庫街の一角に事務所を構えるしがない私立探偵。12月のある日、一夜を共にしたオッドアイの美女・アクアが、その翌朝惨殺死体となって発見された事を刑事から聴かされる。内閣情報調査室の捜査官である「法条まりな」は、エルディア国駐日大使ロイス=御堂から、彼の一人娘・真弥子の護衛を依頼される。「エルディア」は現在政情不安な状態にあり、真弥子の周辺にもテロリストの影が見え隠れしていると言うのだ。

 アクアさんがいきなり殺されてたり、プリンのオッド・アイ設定をアクアさんが持ってたり、いやいやそもそも憧れのアクアさんと一夜を共にしてたりとなんかもうほとんど別次元。これはもう本格的に別作品レベルで設定やストーリーが変わってくるんでしょうね。しかしアクアさんがオッドアイになっているということは、その後出会うプリンとの共通点がここに生じてくることになるわけですが、下手したら親子とかになったりするんじゃないかしらん。それともオッドアイがエルディア王族特有の遺伝子的特徴とかになるのかなあ。

 ところでロイス=御堂ってだれ?

 …チョコ?(※それはロイズ) http://www.e-royce.com/
posted by talk at 10:22| Comment(13) | 【PSP】burst error EVE the 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする