2013年12月08日

【更新】13.12.08

 あちゃー、前回更新から四ヶ月も経ってしまいましたが、ようやくアクアの人物辞典ページを作成致しました。

http://wwwa.pikara.ne.jp/talkshow/eve_chara/eve_chara_02.html

 忙しかったのは勿論ですが、アクアの記事を書くこと自体がかなりの難産だった結果のこの間隔という感じです。実は一ヶ月以上前に一度書き上げてはいたのですが、翌日に読み直した時にあまりにもヒドイ内容だったのでほとんど破棄したこともあったりと、とにかく難しかったです。アクアさん好きなんだけどなあ。やっぱり下手に手を出すとヤケドしそうな感じもあるもんなあ。

 burst人物辞典も残り僅かとなりました。師走の忙しい時期ですが、何とかburstキャラは年内完成を目指して頑張りたいと思います。(※完成させるとは言っていない)
posted by talk at 01:39| Comment(2) | サイト更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

【更新】13.10.22

前回から間が空いて申し訳御座いません。久しぶりの更新は、とりあえずブログ画像の変更から。流石にいつまでも水着というのは寒いですからねー。

131022.jpg

 今回は小次郎、まりな、プリン、真弥子のburst主要四人より。実は過去皆様から頂いたイラストの中から小次郎イラストを探すのに相当苦労しまして、キャラは立ってて人気はあるのに外見は没個性的な旧時代のエロゲ主人公スタイルなもんですから、当時から相当「描きづらい」とボヤかれていたのを思い出しました。前髪上げたら男前とかね。その設定もまた曲者だったんでしょうか。まりなや弥生、氷室とセットで描かれている場合がほとんどで、単品イラストとなるとダントツで数が少なかったです。しゅ、主人公なのに……

 忙しかったり、他の小説書いていたりでなかなか更新の方に着手出来ていませんが、人物辞典の方も近いうちに更新出来るとは思いますのでまったりとお待ち下さい。でも一番の原因はモンハン4なんですけどね。オンで友人と狩りに行けるということでやり込んじゃってますからね!どなたかモンハン4されている御方は、宜しければご一緒に狩りに出かけてみませんかー?更新後回しにしてでもお付き合い致しますよー(笑)
posted by talk at 22:17| Comment(2) | サイト更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

【更新】13.08.21

 かなり手こずりましたが御堂の人物辞典のページを作成致しました。

http://wwwa.pikara.ne.jp/talkshow/eve_chara/eve_chara_02.html

 とても好きなキャラなのであれこれ掘り下げて色々触れて見ようとしたのですが、まあ余りにも内容が偏ったり長くなりすぎたりとまとまりがなかったので、比較的落ち着いた内容に集束させてようやく完成という感じ。思い入れが強すぎるというのも困ったものです。その辺りを考慮して主要メンバーのページ作成は後回しにしているのですが、このまま氷室のページとか作成したらどんなことになるのだろう……

 最初は例の「御堂・アクア夫婦説」について述べていたのですが、色々説明していくうちにめちゃくちゃなことになってしまったので今回はカットしています。しかし未だに私の中では根強く主張する説なのでどこかで触れてはみたいですね。
posted by talk at 17:40| Comment(2) | サイト更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

酷暑の夜に快適な眠りを

 お久しぶりです。いやー、最近本当に暑いですね。高松は連日猛暑日続きでして、昨日・今日と最高気温は37℃を越えております。スキージャンプでいうところのK点越えですね。ここまで来るともうとにかく動きたくないし、絶対に働きたくないでござる状態なわけですが、勿論そういうわけにもいかずこの酷暑を呪う日々が続いております。皆様も体調にはお気を付けてお過ごしくださいまし。

 忙しかったり暑さでバテてたりで更新も滞っているので恐縮なんですが、現在手掛けているのが御堂の人物辞典というのがまた厄介というか何と言うか。設定も複雑ですし、個人的にも思い入れのある好きなキャラですので文章がなかなか綺麗にまとまってくれないんですね、コレが。エルディアの複雑な政治状況等に触れながらの作成になりますので、ほぼ並行的にアクアとディーブの記事も作成しながらの作業になってしまいました。何とか今月中には終わらせてあげたいもんです。

……

 近況報告という名の言い訳から話はがらりと変わりまして、最近スマホアプリの『relax melodies』というものに少々ハマっております。心地よい寝入りの手助けに、オルゴールだったり波の音だったりというヒーリング系の環境サウンドをスマホからタイマー式でかけ流すアプリでして、熱帯夜で寝苦しい毎夜を少しでも楽に出来たらなあということで使ってみたら、思いの外良い感じでした。

https://play.google.com/store/apps/details?id=ipnossoft.rma.free&hl=ja

 個人的には雨の音が寝入るには良い感じ。それもしとしとと降る雨ではなくて、窓に打ち付けるくらいのざばざばという強めの雨ですね。昼間でもどんより灰色に曇っているような外を想像すると落ち着いて眠れるような気がするのですが、最近あまりの暑さで夜中でもセミが鳴いているくらいですので、折角の雨の音もリアルセミ音に負けてしまってイマイチ効果薄な気がしないでもないです。この酷暑が一段落してもうちょっと涼しくなったら快適な睡眠の手助けとしてフル活用してあげたいですね。

 他にもオーケストラの音とか、ホテルのラウンジ音楽とか色々あるのでそのうち試してみようかなと。ホワイトノイズという静かめのテレビの砂嵐音なんかは寝入りも良さそうな気がしますが、僧侶の読経音とか夢でうなされそうなものもちらほら。「寝入りの手助け」というかなり個人差のあるものなので何とも言えないのですが、お葬式の時にうつらうつらとしてしまうとかそういうシチュエーションを想定してるんですかね。

 私が使っているのは無料版なのですが、有料版だと環境音の種類も増えて色々楽しそうなものもありそうです。職場のお偉いさんの訓示とか、嫌いな科目の授業とかそういうのは一発で眠れそうなんですけど……流石に無いですね。そもそも金払ってまで聞きたいもんじゃないしなあ。後、個人的に一番眠れそうなのは日曜お昼のゴルフ中継音。岡本綾子&戸張捷コンビのボイスはラリホーよりも眠れそうな気がするのですが、調べたらこんなのもありました。

『ゴルフの解説で岡本綾子の解説を奪い取る戸張さん』
http://www.youtube.com/watch?v=j6wu04j7rPs

 流石「中高年に絶大な支持を受けるも、女性には全く人気のない」ショウショウだわー。
posted by talk at 02:50| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

009 RE:CYBOG

 劇場版を凄く見たかったのですが、香川では上映されてなかったのでレンタル開始までずっと待ってた作品の一つ、サイボーグ009の劇場版をようやく見ることが出来ました。

130614.jpg
【公式】http://009.ph9.jp/

 つーか、この作品を見た感想を書いてる時点で年代的にはおっさん確定というところなんですが、私世代だと小さい頃に見てて記憶と印象に残っているアニメの一つなわけですよ。しかし石ノ森章太郎節全開のこの作品は、まあ内容が複雑過ぎて、実のところ今になってマンガ版や旧アニメ版を見返してみても内容を理解するのが非常に難解なのが特徴。東西冷戦ありきの世界観を背景にして「戦うこと」の意義を問い、人としての在り方を問い、最後は絶筆に終わりましたが、人としての本質を問われながら神と戦うというとてつもない展開に突入しちゃうような作品だったりします。

 この2012年版劇場版は、そんな大人向け昭和アニメの金字塔に『攻殻機動隊SAC』の神山健治監督が満を持して挑んだという触れ込みの意欲作。音楽は川井憲次という、これまたパトレイバーが攻殻かという重鎮を起用しておりまして、内容はやっぱり攻殻ちっくな作品を009キャストでお送りしましたよ的なモノになっていました。でもやはりそれが賛否両論別れる所以のようで、まあ個人的には良さも残念さも両方分かるような気がします。009じゃないぞと言われればまさにその通りですし、現在の世界情勢を背景に新しく009を作り上げたのは本当に凄いとも思いますしねー。ラストのオチも他の作品ならつっこみを入れたくなるような箇所ではあるのですが、このテイストこそ劇場版009にのみ許されたものであることも、実はおっさんは知っていたりするのでこれはこれで「らしいなあ〜」と素直に感心しちゃいました。

 しかしそういう感傷的であったり小難しい話は抜きにして、最新3Dアニメで繰り広げられるアクションシーンの凄さと格好良さは本当に素晴らしく、もうそれでじゅうぶん満足出来た気もします。当時の男の子ならばきっと「加速装置!」と叫んで島村ジョーごっこをしたことが一度はあるはず……そんな少年の心を、おっさんが取り戻すことが出来たのであります。もうそれでおなかいっぱい。げっぷが出るくらい満足だぜ。

 そして009と言えば年季の入った腐の方であれば誰もが知ってるあの有名どころのテイストも、この劇場版ではじゅうぶんに満たされていることも確認出来ました。宮野と小野Dだろ?良いじゃない……!でもハインリヒが今回はちょっと脇だったのが個人的には残念でしたけどね。後、フランソワーズがエロかわいかったのも大満足でした。でも私の知ってるジョーはもうちょっとDT臭がヒドかったような気がしましたが、何せ劇場版から二十数年ぶり、新アニメ版からでも十数年ぶりなんですから、そりゃガマン出来ないのも当然でしょう。うんうん……というひどいオチで締めますが、個人的には素直に面白かったです。

 流石に原作未見の方に遍くオススメ出来るほどの万人受け作品というわけにはいきませんが、これほどの有名どころだと名前や概要くらいは知っていてもアニメ本編や原作は見ていないという御方も多いと思いますので、巨匠・石ノ森章太郎のライフワーク的作品となった名作に改めて触れてみる一つのきっかけにいかがでしょう。さあ、みんなでレッツ加速装置!

2013年06月05日

【更新】13.06.05

 6月になりましたのでブログ上部の画像を更新致しました。

130605.jpg

 梅雨入り発表はされていますが、ホントに梅雨入りしたの?っていうくらい雨が降らない今日この頃。暑さも湿度を帯びて来ていよいよ夏の気配を感じ始めて参りましたので、今回は過去に皆様から頂いた水着イラストで作成しております。

 本当は先日にシリアの記事書いたのでおっぱい的なものに想いを馳せた結果だったりするわけですが、まあおっぱいさえあれば世界は平和になりますからこれで良いのです。奇しくも作成した後に今回使わせて頂いたシリアのイラストを描いてくださったにゃんぞー様からも「105cmじゃないおっぱいなんてシリアじゃない!」とコメントを頂いたことに気付きました。そうでしょうそうでしょう。PSP版作成スタッフはそこんとこわかってないよね〜。何でしょう、大き過ぎるおっぱいはかつてのエロゲ的な雰囲気を彷彿とさせてしまうからとかそんな理由からなんでしょうか。

 おっぱいを恐れるな!

 と私は言いたい。世界よ、これがシリアだ。
posted by talk at 18:33| Comment(0) | サイト更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

【更新】13.06.04

 前回から間が空いてしまいましたが、引き続いて人物辞典を更新しております。

http://wwwa.pikara.ne.jp/talkshow/eve_chara/eve_chara_02.html

 今回は爆乳・魔乳でお馴染みのシリア。複雑な情勢下でダブルスパイとして暗躍していたり、実は弥生の異母姉妹だったりと設定やドラマがてんこもりの人気キャラですが、それ故にちょっと文章を書くのに手こずりました。もっとも、今から御堂やディーブといった東洋人幹部の文章を作成するわけですからより一層手こずることにはなりそうなんですが……が、がんばりますよ!

 ちなみに記事の中でも書いていますがPSP版ではバストサイズが105cmから95cmにと10cmもダウンしちゃってるんですよね。そりゃあ95cmも立派な数字で間違いなく巨乳さんなんですが……メートル越えしてないおっぱいなんてシリアじゃないやい!
posted by talk at 18:11| Comment(3) | サイト更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

34歳の誕生日でした。

 また一つ歳を取りました。今年で34歳で御座います。

 ……もうね、何か毎年「ブログに書く意味あるのかなー」なんて思ってるんですけど、もうここまで来たら書かずにスルーしちゃうのも癪なので、とにかく書いてしまえという心境ですよ。同じ誕生日の有名人も、歴史的な事件が起きた日とか、そういう思いつく限りのネタはもうとっくに消化しちゃってますので、今年は愚痴ってみます。

 そう言えば今週にはいよいよ『真・女神転生W』が発売ですね。年季の入ったメガテン好きとしてはやはり楽しみな新作ですよ。思い起こせば二十数年前の誕生日。当時小学二年生だった私は誕生日のプレゼントにFC版の『女神転生』を買って貰いまして、その時からのメガテン好きというわけでございます。当時大ヒット中だったドラクエ2とどちらにするか迷った挙げ句のメガテンチョイス……今思い返しても不思議なもので御座います。多分「みんなドラクエしてるから、僕は誰もしてなさそうなのにしよう」という理由からなんでしょう。それが今のEVE好きにも繋がっているんだと思います……うん、多分そうだ。そういうことにしよう。

 『真・女神転生W』以降、夏に向けて色々と購入予定のゲームが続いていまして、特に楽しみなのが8月末に出るジョジョの格ゲー。オンライン対戦対応だったら、良いですなあ。是非皆様とも対戦したいものです。ブレイブルーの新作も秋には出るし、アーケードではギルティギア新作の話もあるみたいですし、久しぶりに格ゲーに集中してみますかなー。

 ちなみに前の記事にも書いた『シュタインズゲート』は、『比翼恋理のだーりん』も含めて一通りはクリアしました。いやー、面白かったですよ。久しぶりに読み物系ADVゲーにハマりました。そしてルカ子(♂)にハマりました……ふひひひ。現在新作も出ていますが、やりたいゲーム続きなのでひとまずそちらは間を置いてからプレイしようかなと思います。

 ま、そんなわけで誕生日なのに近況込みのだらだらを垂れ流してしまいましたが、たまにはこういうのも良いかなということで。あ、人物辞典もちゃんと書いてますよ。シュタゲのおかげでちょっと筆が止まりましたけど(笑)
posted by talk at 19:59| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

シュタインズゲートにハマる。

 最近『シュタインズゲート』にドハマりしてます。

130507.jpg

・アニメ見る→号泣。
・PS3版買う→ドハマり。
・『比翼恋理』も買う→でも本編クリアまでお預け。うずうず。
・劇場版みたい→香川で上映してない→orz

 近況はこんな感じ。5月には『真・女神転生W』も出るし、6月には『討鬼伝』も『ガンダムブレイカー』も出るし……で、しばらくはやるゲームに事欠かなくて済みそうです。

 しかしシュタゲのこの破壊力!噂には聞いていましたがまさかここまでとは……恐ろしい子!オカクリもたまりません。でも個人的にはルカ子(♂)が……滾ってきた……っ!

2013年04月24日

【更新】2013.04.24

 引き続き人物辞典(burst)の書き直しを更新。

http://wwwa.pikara.ne.jp/talkshow/eve_chara/eve_chara_02.html

 今回は香川さんと松乃さんですね。二人とも比較的出番の限られた脇役ですが、印象には強く残っているというシリーズを通してもかなり特徴的な人物、という観点で文章を作成しております。

 burstパッケージ裏CGにガーター着用のおしりを堂々と見せつけ、「オレが……オレこそがEVEだ!」と主張してきた香川さん。そして癒やし系のおっとり院生ながら、実は壮絶エロゲ『悦楽の学園』からの連続出演を果たしているという、叩き上げ脇役の松乃さん。ただの脇役には終わらない、二人の壮絶な生き様を書かせて戴きました……ウソですごめんなさい。

【追記】
>>Web拍手
>>いつも楽しみにしています!


 いつも有り難う御座います!長年持ち越して来た人物辞典の書き直し作業にようやく着手出来ました。まったりペースで恐縮ですがきちんと全キャラ書き直して参りますので、気長にお待ちくださいませ。数年ぶりの再プレイにあたって、WIN7マシンへの再インストール作業が意外に手間取っております(笑)。ロスト、ZERO、TFAはCD四枚組ですからねえ。当時DVD版を買い直しておけば良かったなあ……とちょっと後悔。
posted by talk at 07:54| Comment(0) | サイト更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする